So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

おいでませ [旅の抽斗]



3K8A3699-1.JPG


観光地の盛衰は交通インフラの充実度に正比例する


至極当たり前な法則は今回の旅を通し改めて痛感してしまいました


6月最初の週末は山口県美祢市と萩市を訪ねる旅となりました
隠れ鍾乳洞オタクの妻の希望もあって秋芳洞を見物したあと萩へ移動するという
瀬戸内海から日本海への縦断コースをいつもの通りバスで辿ります

元来大型観光バスを使った団体ツアーやレンタカー族の訪問を前提にしていたのか
山口宇部空港から秋芳洞までは途中の新山口駅を経由しないと行けない不便さ
昨今たびたびTVに登場するローカルバス乗り継ぎの旅番組よろしく
本数が限られた便を上手に乗りこなして初めて成り立っていく個人旅行です


3K8A3697-1.JPG


乗換え地のJR新山口駅で出発を待つSLとニアミスするおまけがついて
2時間弱でシーズン外れのような秋芳洞のバスターミナルに到着します
そしてまずはいつものようにキャリアをコインロッカーへなのですが
今回は昼食が先とばかりそのまま秋芳洞の入り口へ向かったところ
食事処のお姉さんに呼び止められ荷物はタダで預かりますからどうぞ中へお入りください
の声に釣られここで名物瓦蕎麦と牛蒡蕎麦のランチブレイクとなります


3K8A3715-1.JPG


洞内入り口辺りからヒンヤリとした空気に包まれ中へ入ると上着なしではいられません
見物客が少ない分ゆっくりと撮影しながらの洞窟探検が楽しめるのは最高です


3K8A3724-1.JPG


洞窟内に川が流れる光景がどこか珍しく新鮮な秋芳洞
悠久の歴史が創り出す様々な形状の鍾乳石や石筍には名付けされたものもあり
各所に設けられた音声ガイダンス(英・中・韓語対応)による解説が聞けます

3K8A3716-1.JPG
上から伸びるのは鍾乳石、下から伸びるのが石筍



洞窟の途中から専用エレベーターを使って秋吉台へ移動することができ
ひと昔前の教科書でお馴染のあの光景が観れるのです
温度差10度以上の変化を感じながら最後に待ち構える心臓破りの坂を登ると
広大なカルスト台地が眼前に広がって行きます


3K8A3721-1.JPG


展望台傍のカフェでお茶休憩の後再びエレベーターで洞窟内へ戻り
来た経路を逆に辿って出入り口に戻るのですが
相変わらずの空き具合でバスターミナルから洞窟へ通じる商店通りはガラガラ
通年での集客対策は危急の案件に挙がらないと今後の状況が気がかりです


3K8A3727-1.JPG


次の目的地の萩行バスまで一時間弱、センター内の休憩スペースで一服
正確にはJR東萩駅行きで宿へはそこからタクシーでのアクセスとなります
交通インフラの利便性がその受給関係に大きく左右されることは明白ではありますが
JRと地元バス・タクシー会社とのコラボを充実させない限り
団体バスやマイカー観光客におんぶにだっこ状態から脱することはないのでしょう


IMG_1782-1.JPG


温泉入浴と楽しい夕食までの時間を考慮した唯一のバスに揺られること1時間半
熊本で見たのと同じ清く透き通った水が流れる川を眺めていると
やがて川幅が急に広がってその先に日本海が見え始めます
思えば遠くへ来たもんだ
バスはまたもや閑散とした駅前ロータリーへと滑り込んでいきます


IMG_1772-1.JPG


さて、この三連休、今度はふたりナンちゃってお遍路さんの旅に出ます
あいにくの梅雨天気となりますが、そこは旨い料理と酒で埋め合わせしてもらいましょう
今回は鉄チャン移動主体の旅、市電にも頻繁に登場していただく予定です

nice!(27)  コメント(8) 
共通テーマ:blog

安定志向 [多事の抽斗]



IMG_1828-1.JPG


参議院議員選挙の公示が行なわれ熱い?戦いが始まりました
初日こそ選挙カーから発せられるあのフレーズがあちこち轟いていましたが
週が明けて会社の周りは朝からいたって静かな状態が続いています

序盤戦各党の動向などが解説される中、若年層の与党支持率の高さがクローズアップされ
7年目の安倍政権ならびに自民党には思わぬ追い風となっているようです
安定政権とアベノミクス効果?による売り手市場が続く就職戦線などの要因が
こうした若者のポジティブ感覚を引き出させた結果であると分析されています


また、好業績を継続する大手企業による相次ぐ大卒初任給引上げ効果や
雨後の竹の子のように現れるスタートアップに携わる若年層企業家マインドには
自民党でイイじゃない、みたいな空気が漂っているのも否めません
イケイケ・ドンドン若年層には今の年金問題を盾にした野党などお構いなしということでしょうか

いずれにせよ序盤戦の予想は与党大勝の雰囲気がムンムンとしていて
安倍総理が目指す改憲議席獲得も視野に入ってきているようです
期日前投票も毎回増加の一途を辿り今回も初日から前回を上回る出だしだとか
期日前投票のウェイトが大きくなるにつれ選挙戦本体の戦い方が大きく変化してきてるそうで
投票日前日までにこれまた大きなウェイトを占める浮動票を
どれだけ取り込めるかが勝敗を大きく左右することになるのでしょう


生涯一社の年功序列の世界で長く生き延びてきたシルバー層と
副業にも手を出せるようになったIT世代のマルチ・タレントな安定志向の若年層
年金問題に慌てふためき遅きに逸した防衛対策を必死で模索し大きく揺れ動く前者は
一体全体誰にすがればいいのやら


清き、そしてそう長くはない残された未来に託す一票を背負い
21日は投票所へ向かうとしましょう

nice!(25)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

これでいいのかなぁ [多事の抽斗]



IMG_0028-1.JPG


海外旅行に行くとなると避けて通れないのが現地通貨の調達です
事前に取引銀行の窓口や両替機で調達する方や
出発前の空港内両替所を利用して既に海外モードに入る方などさまざまです

ケースバイケースでどちらも利用していますがやっぱり面倒臭いのは共通項
そこで以前から主な金融機関が発行する両替専用カードを物色していたところ
この度自身が保有する航空会社系カードと連携した便利な一枚をゲットし早速使ってみました
期間内に海外で利用すれば飛行マイルが貰えるという文言に惹かれたのもあります

世界10数ヶ国の通貨を取り扱っており、目的地でプリカとして利用できるだけでなく
提携カード会社のATMから現地通貨を引き出すことも可能です
特にプリカで使用する場合、非接触型端末で対応している店ではカードをかざすだけで決済完了
そうでない場合もクレカ同様PINを入力すればOKです。
まさに今流行のキャッシュレス決済そのものでポイントやマイルも貯まって行きます


と、ここまではあくまでも海外でのお話
翻って国内では至ってアナログ・キャッシュ派を通しているのです


何でもスマホで代金決済できてしまう世の中となりどんどんキャッシュレス化は進みます
残高が少なくなると自動チャージなる機能が働き資金移動してくれるので
お金が途切れず続く限り永遠にスマホであちこち買い物ができてしまうのですよね
落ち込んだままの景気浮揚対策にこのような個人消費行動は大歓迎です


がしかし、本当にこれでいいんでしょうか?

セブンが利用開始したシステム上で早速不正利用が発覚しすぐさま停止となり
セキュリティー問題がやっぱりかと持ち上がってきたところですし
それ以前に経年劣化で手元がおぼつか無くなって行く過程で必ずスマホを落下させてしまう
そんな良からぬ想像までしてしまう私には適合しそうにないキャッシュレス文化です

とは言うものの、クレジットカードは旅行の時など便利にしているので手放せません
航空券購入やホテルの予約時にはカード番号が必要となるのでなおさらです
IC化してからというものPINコードを入力すればサインレスで便利に利用でき
セキュリティーも以前に比べ数段アップしているので助かります

ところで皆さんはクレジットカードの利用明細を毎月きちんとチェックしてますか?

明細を見ながらため息交じりの利用チェックをした経験、一度や二度ありますよね
ここでリボ払いに走らず以後の利用を自粛する行動に出れたなら上出来
自身の範疇できちんとお金のコントロールがされている証でもあります
しかし、1日に何度も利用機会があるスマホ決済の一部始終を果してきちんとトレースできるのか

チリ・ツモ・ヤマ、少額消費も重なれば雪だるま式に高額へと変身してしまい
気が付いた頃にはすでに預金口座が空になっていたなんて最悪の結果も招きかねません
ご利用は計画的に、なんて今は亡きノンバンク系のCMもありました
老後の2000万達成のためにもキャッシュレスはほどほどに、が宜しいかと


nice!(31)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

少しずつ、でも着実に [旅の抽斗]



3K8A3543-1.JPG
くまもん、しっかりパックてました。やってきてちょ~だぃ!


週末利用の一泊旅行なら機内持ち込み可能サイズのキャリヤーで十分です
妻と各々一つずつ持ち歩きますがさすがに観光中はコインロッカーのお世話になります
空きスペースのMサイズを見つけるのと、その中へ2つ入れてしまうのが得意な私は
今回もここ熊本交通センター・バスターミナルで最後の一個を発見しラッキー収納完了です

交通整理をしていたおじさんから熊本城までの近道を教わり徒歩で向かいます
じきに花見見物がてらの見物客に合流でき城彩苑わくわく座から城内へ
復旧工事のため広範囲で立ち入り規制が行われており外堀の外側からの見物となります
ところどこに城内の解説ボードが設けられ時折ボランティアのガイドさんの姿も


3K8A3545-1.JPG


花見には少しだけ早かったようですが好天の日曜とあって大勢の訪問客です
この景色を眺めている限りここ熊本城が受けたダメージは想像できません


3K8A3552-1.JPG


限られた見物ルートに従い歩を進めて行くといよいよ現実が眼前に現れ
思わずため息が漏れ暫し立ちすくんでしまいます


3K8A3559-1.JPG


こちらも間一髪崩壊を免れまさに首の皮一枚で持ち堪えています
崩れ落ちた石垣はこの時まだ手付かずの状態でしたが
やがて一つずつ手前の空き地にナンバーリングされ整列となるのでしょう


3K8A3563-1.JPG


そして復興が最優先で進められている天守閣エリアに到着
時間の関係上通りからのシーンは見ることができませんでしたが
震災当時のあの悲惨な姿はもうどこにもなく、近代建築技術にしっかりガードされ
やがて訪れる完了の瞬間を今か今かと待ち受けるだけです

秀吉にかなり振り回された感がある清正公所縁の神社前で折り返し
空港バスの時間を気にしながら来た道を少し速足で戻ります


3K8A3551-1.JPG


入城口手前まで戻ってくるとそこには何事もなっかたかのような早春の一コマがあり
早咲き満開の桜の前で大勢の訪問客がシャッターをきっていました


負けんばい、熊本

nice!(25)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

負けんばい [旅の抽斗]



3K8A3564-1.JPG


このところやたら揺れてくれる横浜、週明けも朝からデカいのが襲ってきて
揺れがなかなか収まらないビルの一室でした
確率がかなり高くなってきている分警戒しなければならない関東地方です

休筆中の今春、マイ・ディスカバージャパンの一環で熊本を訪ねてきました
あの大地震から3年、市内中心部のとある地下道出入り口に張られたスローガン

負けんばい、熊本

最大震度7を観測した益城町をはじめ玉名市などなおも震災の爪痕は残されたままですが
中心部を移動している分には甚大な被害を知る術はありません
しかし、その中心部茶臼山の頂に築かれた熊本城内へ一歩足を踏み入れれば
当時の惨状がどのようなものだったのか直ぐに想像がつきます


3K8A3518-1.JPG


咲き始めたソメイヨシノに気を取られ気付くのが遅くなった私が目にしたもの
今にも崩れ落ちそうな天守閣とそれを一生懸命支えているおびただしい数の鉄骨群と
崩れ落ちてしまった清正公ご自慢の膨大な数の石垣群でした
奇跡的に持ち堪えた天守閣再建が最優先されている様子で
石垣の石はひとつずつナンバーリングされ空きスペースに並んで出番を待ちます

完全に元通りとなる日は一体いつになるのやらと
帰り便の時間を気にしながらもギリギリまで粘ってしまいました

3K8A3505-1.JPG

初日は熊本空港から観光タクシーで一路阿蘇方面へ向かい
いきなりカルデラのバカでかさに度肝を抜かれます
一旦中へ入ってしまえば誰もがそこがその昔火口だったことなんて気付かず
単純に背丈の整った山々に囲まれた盆地なのだろうと信じてしまいそうです


火山博物館のデモ展示物を鑑賞すれば阿蘇の秘密は直ぐに暴かれます
生憎この日は火山性ガスの影響で火口見物はNGとなって
草千里前から中岳の活火山振りをおかずに馬肉定食をいただきました
火の国熊本、閑散とした土産物売り場で独り気を吐いていたおばあさん
その勢いに引き込まれ名物いきなり団子を購入しデザートとします

IMG_1685-1.JPG

白河水源の清らかな湧き水を備え付けの柄杓で一杯と思いきや
底に散らばるコインの数々が目に留まり急停止
投げ入れ禁止の看板も奏功せずここもやっぱりトレビとなってしまうのかと溜息です
それでも途切れることなく湧き出でくる地下水の逞しさと美しさに九州を感じます

お決まりのコースはそれでも初心者の好奇心を満足させてくれ
重い目をしてでも広角一本忍ばせてきた甲斐があったのかと自己満足
8時間のタクシー観光は名湯黒川温泉ではなく高原ホテル前で終了です
折角だからと狭い黒川温泉内もおまけで流していただき外国人観光客の多さにビックリ
ここまでやって来る逞しさと情報収集力には参ったと言うしかありませんね


IMG_1693-1.JPG

この時期の阿蘇では山焼きが盛んに行なわれており
あちこちから火の手が上がる迫力あるシーンが堪能できます
ホテルのレストランからも興行的山焼きを鑑賞でき米焼酎の味付をしてくれます
期待以上の夕食と食後の星見物ツアーでホテルも株を上げました

翌日はホテルから空港のコースが最短でがありましたが
ここは敢えて逆方向の熊本市内での散策を取り入れ得意のバス移動です
途中何度も流れる川に遭遇し改めてその水の透明度に驚かされました
後日この話を宮崎娘をめとった甥に話すと、九州はどこを掘っても奇麗な水が湧くんだとか


3K8A3533-1.JPG

車中からも次々鑑賞できた阿蘇の山焼き風景を後にしてカルデラとはお別れし
外輪山の外側へと出て途中停車の阿蘇駅を経由し一路熊本市内へと向かいます
地方で長距離バスに乗る場面が多くなって気が付いたのですが
意外にも多くの地元民が生活の足として利用しているのですよね
この日も終点まで乗った観光客は熊本城を目指す我々二人だけでした


nice!(25)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

アングラの秘密 [旅の抽斗]



3K8A3652-1.JPG


チップは心付けだから決して予め計算され知らさせるものではない
というのはそんな習慣を持ち合わせない我々日本人の勝手な感覚であって
チップがれっきとした従業員の給与の一部を構成している国では
客に堂々とそれを請求しその傍らで人件費節約に成功する雇い主は左団扇の高笑い

ますますリッチになっていくオーナーの姿を想像しながらメニューに記された
20%のサービスチャージを申し受けていますという注釈に眼をやります
ゆったりまったり食事をしたければこの条件を呑めば良いシアトル
そう言えば同じ様な話を妻とワイキキでしていた覚えがあります


3K8A3687-1.JPG


サービス料の元は取れたかどうかわかりませんがゆっくり食事の後は
ツアーの車中で耳にしたシアトル名物塩キャラメル・チョコレートが気になったので
一番街へ出てブラブラしてみることにしました
後ほど発見することになったシアトルの秘密、タモリさんもブラブラしたいかも

恐らく世界でも高価な部類に入るであろう試食をさせてくれたFran'sは
ここにあったか高級ホテルフォーシーズンズの1Fにあります
かのオバマ元大統領が大のお気に入りだという逸品の数々が並んでいます
プナホウ・スクール出身の彼はてっきりハワイアンホストのファンだと思ってました


3K8A3686-1.JPG

話のタネに少量のみ購入して先を目指す道すがらブロックが変わるごとに
海を眼下に見下ろすという風景が現れちょっと函館っぽい雰囲気になります
それにしてもしつこいくらいに登場するシアトル・コーヒーの店
これもシアトル港が交易の要として存在していた時代の産物なのですね

シアトル美術館をやり過ごしていくとそのうちレトロな建物に囲まれた一角が現れ
その建物に掛かっていた謎めいた広告看板がやたらアピールしてきます

"Underground Tour"

アングラ・ツアーとはまたなんと怪しげなと思うまま身体は自然にチケットカウンターへ
20分後に始まるというツアーの切符を買い求めそのまま謎に包まれていきます


IMG_1564-1.JPG

時間が来て一同建物のホールに集められそこでスタッフからツアーの詳細が説明されます
100人ほどいたでしょうか、多くは全米各地からの観光客のようで
皆さん予めこのツアーのことは調べ上げてたみたいでした
いざ出発となり外の広場でグループ分けとなりガイドさんの後について歩行開始


といきなりある古いビルの地下へと誘導され眼にした光景はホンテッド・ハウス?
明らかにその昔この場所で日常生活が営まれていた証拠がゴロゴロと転がっていて
所々にライティングと解説パネルが設置してある辺りでガイドさんの解説が始まります


IMG_1566-1.JPG


およそ150年ほど前失火から大火となって殆どが焼失してしまったシアトルの町
かねてから塩の満ち引きによって下水が逆流してしまう難儀も抱えていたため
ここはいっそ町全体を作り直してしまおうと、3m嵩上げしたのが始まりです
よって従来の1Fは地下となって眠りにつき謎の地下都市と化したのでした
日本がまだまだボットンだった時代すでに水洗化されてたとは驚きです

己の解説に悦を感じている節があるガイドさんの話が若干長かったせいで
3か所の地下都市見物におよそ1時間半ほど費やすというミステリーツアー
シアトルに来たらスペースニードルを見物する前に必ずここへ来るようにという
古くからの言い伝えがあるのかどうかは知りませんがユニークなのは間違いなしです


3K8A3649-1.JPG

もう少し先へ足を伸ばせばマリナーズの本拠地 T-Mobile Park Stadiumでしたが
ゲームのない日は閑散としてると聞いてたものですからここはあっさりギブアップ
代わりに少し早めの夕食はパイクプレイスの外にある小綺麗なイタリアン・レストランにて
入り口に張り出してあったメニューの『本日の魚はロックフィッシュ』に誘われての入店でした


マイル狙いのきらいが強かった旅でしたがシアトルの立ち位置に見て取れたポテンシャル
全米各地への乗り継ぎ拠点として充分その機能を発揮するという確信を得て
アメリカン航空との併用で米国内の移動は格段便利になることでしょう
ただし、ワシントン州ではタダ酒がご法度という事実が判明してしまい
何のためのクラブ・ラウンジだったのかと大きな反省材料もあった旅はこれで終了です


nice!(23)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

夢を育んできた町 [旅の抽斗]



3K8A3657-1.JPG

常夏ハワイを舞台にANAとJALが壮絶な戦いを始めたのは記憶に新しいですね
フライング・ホヌと命名されたAB380というリーサルウェッポンが話題ですが
近頃対抗馬のJALにも新型機AB350が福岡線へ導入されるそうです
そのエアバスと市場で唯一ガチバトルを繰り広げているのがこのボーイング社

シアトルに来たらここは外せないでしょうとばかりの半日ツアー参加してきました
ここエバレット工場では主に767、777、780の最終組み立てを行ってます
ダウンタウンからおよそ40分ほどで広大な敷地に巨大な工場が現れ
隣接して2500m他2本の滑走路を有するペインフィールド空港があります


3K8A3654-1.JPG


3K8A3664-1.JPG


工場敷地へ一歩入ると厳しい撮影規制が敷かれており携帯電話やカメラは勿論
バッグ類の持ち込みもすべて禁止されているのでロッカーへ一時保管となります
敷地内で唯一撮影が許可されているのがカスタマーセンター内と屋上展望スペースのみ
間違ってスマホなどが持ち込まれるとどうなるのか、確認はできませんでした


専用バスに乗せられ工場へと向かい、下車後は徒歩で構内見学となります
間の柱がない巨大工場のトラス張り構造に驚きを隠せず
その天井を動体部品などの重量物を吊下げるクレーンが行き交います
B787が日本製部品35%で成り立っているように
全米のみならず世界各地の協力工場で製作されたアッセンブリーが
ここエバレット工場に集められ最終の組み立て作業が行われるのです


3K8A3666-1.JPG

滅多にお目にかかれないB747を改造したDream Lifterによって
運搬されて来たばかりの胴体部分がトレーラーに載せられ工場に到着していました
工場内にある組立中の機体には納入先のエアライン名が記されており
これをチェックして観ているだけでも飽きないのですが
見物キャットウォークから1日中眺めていても組立の進捗状況は分からないでしょう


3K8A3659-1.JPG
垂直尾翼に9とペイントされているのがB777-Xの第一号機

私たちが見物した時、かなりの数のB737-MAXが所狭しと駐機しており
今回の事態の大きさと深刻さを物語っているようでした
そのMAXに交じってひときわ目立っていたと日本人ガイドさんが興奮気味に
指を差して教えてくれたのがテストフライトを待つB777Xの1号機
皆さん今日はほんとにラッキーでしたねとガイドさんの方が舞い上がってました
そう言えば政府専用機もB747からB777へと変更途上です

ダグラスやロッキードという好敵手を相手にしていたのは昔話
でも、世界の航空機市場が純然たる競争関係にあった頃
業界の技術開発は宇宙空間へも同時に向けられていました
かのアポロ計画において重要な役割を果たしたサターンⅤ型ロケットもその一つ


3K8A3670-1.JPG

そして現在も活躍中のISS国際宇宙ステーションの実験棟にも
ボーイングの技術が投入されていることを知りました
如何にもドイツ人らしい気質の持ち主ボーイングさんが興した会社は
3年前に創業100周年を迎え、記念となる書籍も発行されていました
3年経った今回 best deal $9.98と書かれたラックに最後の3冊が並んでいたので
重い荷物になること覚悟で思わず購入し持ち帰ったのは言うまでもありません


1グループ大型バス1台分の人数を元CAの名物社員ガイドさんが英語で案内するこのツアー
我々を引率してくれた日本人ガイドさんは決まりで公にはガイド行為ができませんが
私たち日本人6名の参加者は隊列の最後尾で日本語特別レクチャーを受けました
現地ガイドさんが話す一字一句を暗記しているかのような的確な解説のおかげで
大変有意義なボーイング・エバレット工場見学となったのでした


3K8A3662-1.JPG

ビルの建設ラッシュ現場やあの amazon go があるダウンタウンを抜け
降車を希望したパイクプレイス前一番街に着いたのが丁度お昼時
近くでゆっくり昼食を済ませたのち古い顔のシアトルを散策してみることにしました


nice!(20)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

New old town, Seattle [旅の抽斗]



3K8A3646-1.JPG


翌朝ゆっくり目の便で第二目的地シアトルへとシエラネバダ上空を飛びます
ウーバー勢力の猛烈な嵐のせいなのか空港までのタクシー料金が均一となってました
桑港の街中で頻繁に見かけたウーバー、若い女性が夜に独りで利用してましたが
トラブルはないものかとこちらが心配になってしまいましたよ
アプリは入れたもののいろんな情報が吸い上げられそうで私は未だ利用経験はなしです

万年雪をたたえたレーニア山が見えればまもなくシアトル・タコマ空港です
タコマと言えばワシントン州立大学、同じド田舎ということで留学先候補の1つでありました
シアトル市内には医学部で有名な名門ワシントン大学がありますが
こちらは頭もお金もだいぶ足りないということで端から候補外となってました


3K8A3681-1.JPG


ここをハブとするアラスカ航空との提携によりJALの全米各地へのアクセスに
もう一つ選択肢が加わり、入国管理やセキュリティチェックがスムーズに行なえて
LAやSFのような頭痛の種となる大混雑は回避でき、早速お気に入り空港に加えます
ラスベガス大好き人間にはシアトルでの乗継をお勧めします

というのも市中へ向かうタクシーから眺めるシアトルはまだまだ発展途上
巨大IT企業の進出に伴いビルの建設もあちこちで行われているものの
何処かまだ垢の抜け切れていない新旧のアンバランスさがあったりして
私自身短い滞在中どこか落ち着かない気持ちはとうとう払拭されず仕舞いでした

3K8A3695-1.JPG

そんな中、正味1日半と限られた観光時間を有効活用すべくスポットをグッと絞り込み
メインイベントを翌朝からスタートするあのボーイング工場半日見学とし
あとはパイクプレイス散策に怪しげな謎の地下ツアー飛び込み参加でフォローです
そして港に上がるフレッシュな魚介類とワシントン州産のワインも忘れてはいけません


値段の割にはイマイチだったマリーナのホテル前にバカでかいクルーズ船が停泊し
折角のオーシャンビューを思いっ切り遮ってくれましたので
チェックインしてから発見したトランクのひび割れの保険請求対応が
なおさら暗いものとなって散々なシアトルスターとなってしまいました


3K8A3643-1.JPG

ここでメゲていてはいけないとばかり、ひと段落してから近くのパイクプレイスへ
17時を回って市場が丁度店仕舞いを始めているところではありましたが
まだまだ大勢の観光客が『あの店』を目指しやって来るのでした
この時私たちは『あの店』のことなど一切眼中になく
ただただこの夜の夕食場所の検索に右往左往するばかり


すっかり地図のトリックにハマってしまった挙句ようやくお目当ての店に辿り着き
飛び込みではあったものの1時間待ちの返事をもらい安堵
さすが地元の超人気店とあって引っ切り無しに客がやって来ます
期待の膨らみを押さえつつ時間潰しの休憩を兼ねここまでへ来たらのスタバ・ブレイクです



3K8A3647-1.JPG


石を投げればスタバ否、シアトルコーヒー屋さんに中るこの街シアトル
空き始めた店内で一息ついてると隣に居合わせた日本人観光客から質問です
「この店って、1号店ですよね?」
いきなりの直球だったので答えに間が空いてしまった私は思わず
「ええ、そのはずですが」と答えてしまいました


たまたま関西から来られた方々だったので話は多方面展開していき
スタバの話はすでに何処かへすっ飛んでいました
夕食の予約の時間が迫っていたので先に店を出ることになった私たち
一歩外へ出た途端いきなり今度は白人男性に同じ質問を投げられたものですから
今度は間髪入れずの即答で "I believe so" と返してしまったのでした



3K8A3674-1.JPG

気を取り直して再びお目当ての店へ戻って来た私たちはバーカウンターに通され
冷えた地ビールを飲みながらちょっと理解に苦しむメニュー・レクチャーを
カウンター越しでサーブするお兄さんから受けます
何を隠そうここは有名鮨店、だからこそ日本人の私には多くの?が付きまとうのでした

侃々諤々の挙句ようやく決定したメニューの数々、結果は無事のオーライ
ワシントンの白ではなくここは敢えて冷酒で地元産ロックフィッシュなんぞを楽しみます
海底の岩場にいる魚たちなのでその総称が付いたらしいのですが
お兄さんはこれが魚の固有名詞だと信じてたらしく、何の魚なのと聞いた時の
素っ頓狂な顔が妙に可笑しかったシアトル初日の夕餉でした


IMG_1548-1.JPG

どうやら地元民が贔屓にしていることが大盛況に繋がっているようで
日本酒ベースのカクテル片手に握り鮨を頬張る皆さんを眺めていると
ケッタイな気分になって来るのでしたが、翌朝のボーイング工場見学への期待を被らせ
暮れゆく一日の余韻も一緒に楽しむのでした


3K8A3672-1.JPG


nice!(27)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

桑港街のにおい [旅の抽斗]



3K8A3575-1.JPG


クラブラウンジでマッタリ朝食を摂りながら最終日の行動打ち合わせです
外へ出て初めてその事実を知るまで乗る気満々だったケーブルカー移動を中心に
40年前お互い世話になった宿舎探索をはじめとする散策ルートを作ります
ホテルの傍を通るカリフォルニア線が動いてたので疑う余地全くなかった二人


3K8A3573-1.JPG

いざ出発してパウエル通りに差し掛かってもいっこうにケーブルカーが現れません
これ見よがしに道路の真ん中まで出てカメラを構えてた私に背後から
「今日から10日までパウエル線のメンテナンス運休だって」と妻の伝達
どおりで下からテクテク登って来る観光客らしき人が多いはずです
って、まさかこのまま歩いてフィッシャーマンズワーフまで行くのか


3K8A3606-1.JPG

東西南北と通り名をしっかり頭に叩き込んでおくとまず迷うことがないこの街
あえてスマホの力は借りずにアナログ地図片手に昔の記憶を辿りながらの散策です
歩き回ることによってその街が持ついくつもの顔に出会うことができるのもいとおかし


3K8A3602-1.JPG

高級レジデンスがあちこち建ち並んだノブヒルからバンネス通りへ向かうにつれ
空気も様相もグレー味を帯びてきて朝だというのに何やら怪しい雰囲気へ突入です
とそこへ現れたのが妻が半年間世話になった女子専用のレジデンスクラブ
朝・夕食2食付でシャワー共用の格安宿舎です


3K8A3608-1.JPG

外観がすっかり綺麗になったと妻が言うこの宿舎は辛うじて空気のボーダーライン上
感慨深げにスマホのシャッターを切っている妻を後ろからパチリとやる私です
この街にはこうしたレジデンスクラブがあちこちにあるようで
短期留学や長期旅行者には手軽・気軽でとっつき易いのではないでしょうか


3K8A3618-1.JPG

その空気の境目からさらに奥深くアンモニア臭なんぞもかき分け進むと
おお、あの懐かしの我が家が昔のままで私を迎えてくれました
玄関先でパチリパチリとやってる私たちを怪訝そうに見て行く住人達
おそらく中もほとんど変わっていないと簡単に想像がつくほど昔のままでした
ちなみにここは男女共用のレジデンスクラブ、2食付共同シャワーです


やっぱり当時は若かったし怖いモノ知らずだったのでしょうね
観光客というよりかは地元民で占められてた宿舎は今から思うと別次元
LGBTに夜の蝶、おひとり様老人に訳あり人などが一つ屋根の下での生活
休みの間友人から預かったマニュアル車のクラッチを焼いてしまった事が
この時私にとってこの街での一番苦くて悔しい体験でした
代償として急坂発進・縦列駐車のエキスパートとなったのは言うまでもありません


3K8A3619-1.JPG

思いでの噴水は止まるどころか勢いが増してきたところでユニオン・スクエアへ移動です
淀んだ空気が少しずつ爽やかになって行くのを感じていると
街の景色も比較的高層な建物に取り囲まれだしたと思えば突然視界が広がります
残念ながら工事中の箇所や車両があったりして写真通りにはいかないまでも
ここを見下ろすことができるデパートのレストランでゆっくり昼食をとることにしました


3K8A3614-1.JPG

テレマカシ兄さんから教わった地元っこに愛され続けるイタリアンのお店
3人以上じゃないと予約を受け付けないファーストカム・ファーストサーブのルール
ユニオンスクエアを眺めて優雅に食べるもその内容は少々軽めにしときます
18時前目安のアタックをするにはあまり胃袋を膨らますのもはばかれますものね


3K8A3622-1.JPG

歩き疲れたこともありここは一旦ホテルへ戻ってシエスタです
目当ての店まで往復するエネルギー充電を兼ねゆったり、マッタリ
少し吹く風が冷たく感じ始めた頃にホテルを出発し中華街を抜けイタリア人街へ
映画にも度々登場する二大勢力がぶつかり合ったのは今はもう昔
でも、一本の通りを隔てて看板の言語が全く変わってしまっているのがかなり興味深いです


3K8A3631-1.JPG


通りの向こう側に見つけた看板の方へ近づいていくとその一角だけが人だかり
これでも遅かったかと覚悟を決め店内へ入り受付に人数と名前を告げると
20分くらいで案内できるかもと、ちょっと意外な回答をいただきます
2名までならカウンター席があてがわれその分回転率もあがるのでしょうか
いやいや、それにしてもこの店だけが大繁盛とは
テレマカシ兄さんお勧めの料理が本当に待ち遠しくなってきます


IMG_1541-1.JPG

海風が冷たく感じ始めた頃時間どおり名前を呼ばれカウンター中央へ
向こう側で慌ただしく動き回る調理人の手を眺めながら
早速サンフランシスコ名物チョッペリーノをメインに生牡蠣と蟹サラダを注文
この夜の主役は海鮮ですから白のハウスワインで一気通貫です
チマチマ注がれる日本のワインと違ってこちらは豪快たっぷりサービスの呑べい天国


IMG_1540-1.JPG


トマトベースの漁師料理チョッペリーノはなぜかペンネも入って二人前
蟹サラダは飾り気なしのまんまで登場もお肉たっぷりプリプリ
生牡蠣はというと、やっぱりニッポンのミルキー大粒に軍配が上がりますが
チョット・マッターレ、
シャルドネでもシャブリでも相性抜群の料理の数々でした


IMG_1731-1.JPG


長居したつもりでも店外へ出てみればサマータイムのなごり夕暮れ
ほろ酔い気分の頬にさらに冷たくなったベイ・ウィンドを感じながら
再び来た道チャイナタウンを抜けてノブヒルの宿へと戻るのでした
そのまま部屋へ戻るのも惜しかった最終日の夜ですから
道草ラウンジで食後酒などをいただきながら心残りの無きよう旅の余韻に浸るのでした


3K8A3632-1.JPG

nice!(26)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

240+17マイルの終日ドライブ [旅の抽斗]



3K8A3583-1.JPG



3K8A3585-1.JPG

ユニオンスクエアからおよそ2時間の190㎞でまずはモントレーです
頭の中では必死に40年前に見た構図と重ね合わそうと葛藤しましたが
ミニチュア版ピア39と化してすっかり変わってしまった漁港風景
そんな状況下では港内に浮かぶラッコちゃんを探すのはもはや無謀な行為でした


3K8A3586-1.JPG3K8A3586-1.JPG3K8A3586-1.JPG

訪れる観光客の姿も疎らでかえってのんびり見物を楽しめ
全米で一番旨いと豪語するクラムチャウダーの試食にもあやかって
様相はすっかり変わり果てたとはいえ昔と変わらぬ長閑な空気は味わうことができ
次なる17マイル・ドライブへ向け移動開始です


3K8A3592-1.JPG

17マイル・ドライブはモントレー半島の海岸線に沿って走る風光明媚な道路
ゴルフファン垂涎のあのペブルビーチ・ゴルフコースまで続き
何と全て私有地内を巡る自動車有料道路なのです
間もなく始まる2019 US Openの準備が着々と進められていました
タイガーウッズ大復活と相まって今年の大会は大いに盛り上がることでしょう


3K8A3595-1.JPG
ペブルビーチGCのロゴにもなっています

還暦過ぎたら再起動予定だったゴルフには未だ興味が湧かない私ですが
ここをラウンドすると一体いくつ叩くのだろうかと
怖いモノ知らず的感覚がムラムラ湧き出してくるのでした
宿泊すればだれでもプレーできる川奈スタイル、腕試しにはピッタリではないでしょうか


3K8A3600-1.JPG
名物18ホール、今大会最終日にどんなドラマが待ち受けているのか

昼時も深い時間となって車は隣接するオシャレタウンへと入って行きます
Carmel By The Sea は芸術家や作家が集まる町として知られ
低層建築物や道路標識がすべて木製といったような景観条例にしっかりと守られていて
町中には一切信号機が設置されていません


3K8A3601-.JPG


40年前には存在しなかったショッピングモールでようやくランチにありつけ
「いかにも」というオーガニックフード店でなぜかお勧めのラーメンを試し
カリフォルニアの青い空と空気も味わいながらのひと時でした


3K8A3594-1.JPG

帰り道ではトイレ休憩を兼ねたアウトレット・モール立寄りがありましたが
特段買い物もなく貸切状態を有効利用すべくとっとと帰りましょうということで
再び一路101号線を今度は北上する形で戻ります
ホテル玄関まで送ってくれたので登坂の追い打ちは受けずに済み助かりました


3K8A3633-1.JPG

ホテルによってその質に違いはありますが積極的にクラブラウンジは活用します
営業時間内ならいつ何時訪ねてもアルコールを含む飲み物にありつけ
夕方にはしっかりとおつまみ料理が振舞われアルコールもバラエティーに富みます
よってこの夜は重くなった腰をどっしりとソファに沈め夕食替わりとさせてもらいました


IMG_1720-1.JPG

ここで係りの日本人を祖父に持つというインドネシア人のお兄さんスタッフが
私たちのところへ御用聞きにやってきてすっかり話し込んでいきました
その中かから最終日の夕食にピッタリな店情報を引っ張り出させてもらい
どんどん勧められるワインにちょっと疲れた身体がいつも以上に反応しだしたので
ボチボチ部屋へ戻るよテレマカシー、長い話と一日の終わりです


3K8A3634-1.JPG



nice!(23)  コメント(6) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -