So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

人工的でもある国家 [旅の抽斗]



3K8A3235-1.JPG

おそらくリピーターはいないはずなのに夕暮れとともに溢れ出す入園者
個人でも問題なく辿り着けるのだけれど日本の旅行社が絡むと独自の特典が付く
ということで、毎度お世話になる現地オプショナルツアーに参加し
シンガポール名物ナイト・サファリ見物をしてきました

その名が示す通り日が落ちてから開園し暗闇の中の動物たちを観察する
イヤフォン日本語解説付き専用のシャトルバスかそれともガイド付き徒歩見物か
選択は別として裸眼の人間にはちょっと酷なアトラクションであります

イヤフォンガイドが示す方向に目を凝らしても横たわる大木なのか石なのか
はたまた当のご本人なのかシニアの眼には相当な試練となります
象やキリンならその姿かたちを熟知してるので判別はとも簡単ですが
ナンチャラ・カンチャラと聞いたこともないUMOとくれば至難の業です

ツアー終了間際で両サイドから登場したマレー・トラとツキノワグマの存在が
せめてもの救いとなってムシムシ・モヤモヤ気分の中
次のアトラクション会場のツアー特等席へと移動する二人でした
天下のシンガポールなら赤外線スコープくらい用意しておいて欲しかったなあ


3K8A3242-1.JPG



3K8A3240-1.JPG
シンガポール中漂っていた謎の匂いはこのドリアン、私は生が食べれます

2日目はセントーサ島見物とオーチャード通り散策に当てました
今国会を通過したIR統合型リゾートのお手本と成り得るのがこの島なんでしょう
カジノは勿論のことホテルやレストランに遊園地
そして目玉として根強い人気を誇るユニバーサルスタジオが誘致されています

島といっても橋で陸続きとなっているのでアクセス方法は多彩です
話題となった場所だけにTVで観た人も多いロープウェイやモノレールは人気です
S$8を払えば乗り放題のモノレールで島内3駅すべてを制覇し
欲張って暑い最中徒歩で世紀の会談が行われたあのホテルまで行ってきましたよ


3K8A3251-1.JPG

3K8A3249-1.JPG
NK国SPたちがマイバッハ・リモの傍らを小走りしてたホテルへの取り付け道路は結構な傾斜角です


小高い丘の上に両翼を広げた白鳥ように佇むクラシックホテルCapella Singapore
年季の入り方からみるとラッフルズと同世代のようで
広大な敷地に都会の喧騒から隔離されたような静けさ漂う飾り気なしの宿です
主要施設が特定しにくい造りとなっているのが選ばれた理由のひとつかもです

前後して昼食は島内のミシュラン・シンガポール星付き中華レストランでした
ほぼ貸切状態の店内に一抹の不安を覚えつつも着席し
ちょっと贅沢して1人S$58の竹コースにしてなんとこれが大正解
フレンチの要素を取り混ぜたヌーベル・チャイニーズとも呼ぶのでしょうか
特に〆に出てきたヌードル・ディッシュは久し振りの大ヒットでした


IMG_1516-1.JPG

セントーサ島を後にして次に向かったのはシンガポールの銀座、オーチャード通り
すっかり雰囲気が変わった感がする人通りも一段と激しい名所です
とは言っても完全冷房のその下を走る地下街の方が凄いことになっていました
そろそろ体力の限界が近づきホテルのハッピーアワー開始の時間となりましたので
切りのいいところで引き揚げることにしました


3K8A3252-1.JPG
オーチャードからホテルへの乗換駅はちょっと変わった名前でした



17時から2時間、宿泊客にビール・ワインとちょっとしたスナックをタダで振舞う
正真正銘のハッピーアワーを呑んべい達が見逃すはずがありません
有料メニューも注文してこの夜の夕食に早変わりさせました
隣席にいたオーストラリアから来た同年代のご夫婦と意気投合し
時間目一杯いろんな話題に花を咲かせた常夏の夜でした

3K8A3246-1.JPG


翌日はもう帰国、でも夜のフライトまではまだまだ時間たっぷりですから
チェックアウト後は最後の名所ガーデン・バイ・ザ・ベイへと向かいます


nice!(31)  コメント(7) 
共通テーマ:blog

赤道付近で避暑 [旅の抽斗]



3K8A3223-1.JPG

4泊4日の8年振りシンガポール旅行、この三連休での出来事です

日付が変わる前の金曜夜に搭乗した便は一眠りしてる間に翌早朝現地到着し
帰り便も同じくして連休明け早朝羽田へと戻ってくるという
ちょっとハードな旅程に歳甲斐もなく挑戦してしまいました
おまけに自宅へ戻るとひとシャワー浴びてそのまま出勤したので
この日は一日中睡魔に襲われ続けるという怖い状態でもありました

ということで現地ホテルには2泊という旅でしたが
観光には丸々3日間費やすことが可能なのでたっぷり堪能できるのです
観光資源が豊富とは言い難いお国柄なのでこれ位が丁度いいのでしょうね
一足早い赤道近くの夏休みとなりました


3K8A3264-1.JPG

言わずもがな世界中の脚光を集めたばかりのシンガポール
8年前には発展途上だったベイエリアの開発もすっかり終了して
日本では叩かれているカジノを擁するあのホテルは
引続き多くのギャンブラーを惹きつけて止まないようでした

IR統合型リゾートという文字がマスメディアに度々登場しています
日本政府が目指すはやはりシンガポール型なのだろうと簡単に想像がつき
様々な懸案事項をクリアしてさて本当に上手くいくのだろうかと
旅行中頭の中には大きな疑問符が着いて回るのでした


3K8A3243-1.JPG



3K8A3233-1.JPG

さて私たち夫婦同様カジノには全く興味のない観光客に残された道は何か?

ラスベガスとは違い入場料を徴収される限り観光スポットと割り切って
「賭場」という文字に誘われるのもアリですがそうでなければ
残された選択肢は世紀の首脳会談が行われたセントーサ島
シンガポールの銀座オーチャード通り&周辺散策
夜の目玉というべきご自慢のナイトサファリ動物園
そしてマリーナのもう一つの顔であるガーデンウォーク・バイ・ザ・ベイでしょう

3K8A3262-1.JPG

このすべてを網羅した私たちの一日平均歩数は約18,000歩
距離にして12キロ程ですから結構な運動にもなったわけです
これに地元ソールフードなどの楽しみを織り交ぜると完パケの出来上がりです
ただし、お国柄喫煙と飲酒にはもっぱら厳しく
特に持ち込みタバコは1本から課税対象となりスモーカーには辛い試練
ビールは地元のTigerで小瓶1本S$8~13(1S$=約¥89)にもなってしまいます

タクシーは初乗りS$3.90でチャンギ空港からベイエリアの主なホテルまでならS$20
地下鉄MRTは初乗りS$1.50ですから安めに抑えられ懐には優しいですね。
こちらは観光客用に乗り放題1日・2日・3日の3種類パスも
それぞれS$10・S$18・S$24となっています(別途カード補償金S$10/枚)。
3日あれば充分楽しめるぞと言わんばかりの設定が気に入り3日券を購入しました


IMG_1497-1.JPG


通常15時チェックインのところなんとか11時前に部屋へと案内された私たちは
ひとシャアワー浴びたのち早速MRTに乗ってソウルフードを食べに出かけます
妻がミシュラン星付きだと検索済みのこのお店の売りはなんと特製ポークヌードルだとか
それに店の場所はググれてもそこへ行く道が一向に示されないのは何故??

その謎は最寄り駅から外へ出てみて直ぐに解明しました


IMG_1501-1.JPG


公団住宅らしき一群の一角にあるらしいミシュラン星付きレストラン
住所の番号が示す建物をほどなく発見するとなるほど昼食時の長い行列が目の前に
なにやらとても懐かしい空気漂う潔癖症大NG確実なお店がここです


IMG_1498-1.JPG

確かに書いてありますミシュラン星獲得だと、ただしローカル編
熱風漂う中待つこと30分でようやく私たちの番が回ってきましたよ
行列から眺めていた人気商品らしきものを一つずつ注文しビールも忘れずに


IMG_1500-1.JPG

何が入っているかなんて邪推しようものなら東南アジアでは生き抜くことはできません
そして共用の少し黒ずんだ箸とレンゲに躊躇なく手を伸ばせることも必須であります
ティッシュで拭こうなんて無駄な抵抗でしかありませんので念のためです

隣に二軒ある店はどちらも閑古鳥が鳴いていてオーナーも全くやる気なし
この差はいったい何なのかはミシュランの寸評を見ることにして
確かに割と薄味で私たち好みに美味しく仕上がっておりました


3K8A3231-1.JPG


睡魔に幾度か襲われたもののまだまだお天道様は空の高いところにいらっしゃいます
MRTを屈指してかなり火照った頭と身体を冷やすべく
マリーナベイへ向かいナイトサファリ・ツアーまでの時間潰しです

それにしても赤道間近の真夏のシンガポールに抵抗なく順応する身体
それもそのはず、最高気温は灼熱地獄の日本より低かったのでした
日陰に入れば心地よい貿易風らしき風も感じることができ
さながら偶然の避暑となったシンガポール、もうちょい引っ張ります


nice!(27)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

Chef al Giapponese [食の抽斗]




IMG_1400-1.JPG



引退したら一風変わった小さな大衆居酒屋でも始めて
福利厚生を謳い文句にスタッフをカモりながら老後を楽しもうと
「いきなり、何とか」や「俺の何とか」の向こうを張って「突然、トスカーナ」
という店名まで考案していた私

ある日の日経新聞に掲載されていた定年後の生き方に関する書籍の広告で
やってはいけないリストにコンビニと「飲食店」と書かれていたのを見た途端
あっさり断念して趣味の世界に留まろうと思い直してのイタリア料理修行(?)でした



IMG_1376-1.JPG



記事の更新間隔がかなり開いてしまいましたので掻い摘んでお届けします
前夜の部屋へのお届け物の中身は一体なんだったのかと言うと
教材(レシピ)一式、ホテルロゴ入りエプロン、シェフキャップ
そしてなぜか麺打ち棒にキッチンミットと、こちらが正解でした



IMG_1368-1.JPG


メニューは前菜・スープから3品とパスタ・メインから3品の計6品
実際当ホテルのディナーで提供されている本格メニューです
中でもトスカーナ風ラビオリとパスタは手打ちの生麺とハードル高しのようですが
シェフからのプレゼントの麺打ち棒が一度試してみろよと語りかけていました

マンツーマン教室となった訳ですがホテルゲストと日本人ということもあってか
私たちに気を使いすぎるシェフが作る料理を動画に収めながらメモを取り
完成した料理を毎度交換されるナプキンとシルバーでワイン片手に試食するという
まこと贅沢なトスカーナ料理教室となったのでした


3K8A3053-1.JPG



一度遠ざかってしまえばなかなか元には戻れない記事更新
ちょっとしばらくバタバタやってますのでこんな調子です
予約投稿の時間と同じ深夜便で世紀の会談が行われたあの国へ向かいます
一方通行の更新となって前回までを含めお越しいただいた皆様のところへの訪問は
来週以降となりますことあらかじめご了承いただければ幸いです

nice!(18)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

薩摩に蒸され縁 [旅の抽斗]


IMG_1481-1.JPG


かねてより妻が体験してみたいと言ってた砂蒸し風呂
先々週末を利用して行ってきました西郷ドン鹿児島は指宿
始発便で降り立った鹿児島空港から乗った空港バスの車窓から
やたらと目立つ火山灰で汚れた車や家屋


IMG_1473-1.JPG


鹿児島の人たちは毎日大変だなと思いきやそれも無理はなしで
到着のほんの1時間前に大噴火していた桜島
事後のニュースで噴煙が上空5,000メートルにも達していたとかで
とんでもない事になっていたはずの鹿児島市民は平然としていました
大自然との共存、山小屋での経験など足元にも及びません


IMG_1478-1.JPG


おまけに出発前にチェックを入れていた台風6号
嫌らしいことに翌日曜日朝に南鹿児島に接近との予報
初日土曜は天気も何とか持ち堪えて前半の西郷ドンパーツは何とか終了
一時間に一本しかない貴重な鈍行を捕まえて一路指宿へ

毎度のことながら地方ローカル線に乗る度都会の便利さを実感し
地元利用者には一種の尊敬の念さえ覚えてしまう自分です
車社会とはいえ免許も取れない学生さん達はこうして逞しくなっていくんだなと
終点一駅手前まで行く私は最後の一人が早く降りないものかと
なぜかハラハラ・ドキドキしてしまうのでした


IMG_1492-1.JPG


夕食前に砂蒸し風呂をと駅からタクシーで向かったお宿は
あのバブル期を彷彿させる何と懐かしいどデカい旅館です
お風呂や宴会場が立派なのは言うまでもなく
二次会用のバーから〆のラーメン店まで揃った宿はまさに過去の遺物

名物砂蒸し風呂が味わえるだけでなく30年のタイムスリップまで体験できるとは
ボリュームたっぷりの薩摩懐石を本場芋焼酎で堪能し
〆は疲れた身体ほぐしのおまけ付きで薩摩の夜は更けて行くのでした


IMG_1490-1.JPG


翌早朝、天気晴朗なれど鹿児島湾の波高しという状態で始まったものの
ホテル敷地内のオーナーコレクション館見学を終えチェックアウトする頃には
ポツリポツリと始まり出して知覧へ向かう頃には本降りとなってしまいました
レンタカーでの散策という代替案は私たち二人の大人の事情により成立せず
寄り道をすべてキャンセルしそのまま鹿児島中央駅へと向かうことにしました

雨宿りをしながら駅周辺で時間を潰したのち
リムジンバスで空港へ向かう頃には夕刻の薄日も差し込み
本降りの雨は昨日大量に降った火山灰を綺麗に洗い流して
束の間の澄んだ空気を薩摩の地にもたらしたようでした


nice!(35)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

フィオレンティーナ [旅の抽斗]


IMG_1420-1.JPG


年々大きな荷物を持っての移動がきつくなっていく中
往復路の拠点となる場所のホテルを活動拠点とする旅の案を採用してから
必要最低限の荷造りで目的地へ電車移動する術を身につけました

トスカーナの中心でアモレータ、ナンジャーアレ、アカンターレ
シェフ直伝郷土料理教室スペシャル3泊4日パック

今回の旅のメインイベントがこれです
一昨年コモ湖で滞在したホテルと姉妹関係にあり
3月の終わりから10月の終わりまでという期間限定営業のホテルが
自慢のシェフ直々の料理教室を開くというので参加してきました


3K8A3006-1.JPG


ミラノ中央駅からフレッチャ・ロッサで1時間40分
途中ボローニャ駅を経てフィレンツェの中心サンタマリア・ノッベーラで下車し
タクシーで町の中心を抜けアルノ川沿いに走ることおよそ20分
カンデリ(Candeli)という別荘地の一角に佇むちょっとクラシックなホテルに到着します


3K8A3016-1.JPG


3K8A3007-1.JPG


プライベートな空間の提供を自負するだけあって
敷地に入る際は鉄の扉自動ゲートを通って玄関車寄せにやって来ます
ベルボーイに促されまず立ち寄る年季の入ったフロント
遠いところ遥々よう来はったと熱烈歓迎を受けました

しばし歓談のなかで愚問とは分かりつつ料理教室の参加者数を聞いてみたところ
あなた方ご夫妻だけですよと、なぜかドヤ顔付きの返答です
おぉ、シェフのプライベートレッスンとはこれまた贅沢な、とやっぱり顔で返し
スケジュール変更の申し入れを快く受け入れて別棟にある部屋へとチェックイン


3K8A3050-1.JPG


広さは異なれど全室スウィートのこのホテル
都会の喧騒から離れのんびりトスカーナの空気を満喫するには充分
驚くことなかれ宿泊客の99%はなんとアメリカ人だとか
残り1%のそのまた1%が日本人らしいです


3K8A3030-1.JPG

デッキチェアに座ってその空気摂取に努めればいいものの
短期滞在型日本人としましては荷解きもそこそこに
ホテルの無料シャトルバスに乗り込み早速夕食がてらの町散策に出てみます
20時を過ぎてもなお明るいので夕方からの行動でも余裕です


3K8A3070-1.JPG

3泊4日の旅の間存分にトスカーナ料理を楽しむようにと心の準備をしてきたので
初っ端の夕食のメインはやっぱりビステッカ・アラ・フィオレンティーナじゃないと始まりません
店を物色しながら歩いていると何処からか誘われる香ばしい香りがしてきます
その発信元をすぐに突き止め既に大勢の客で賑わっていたので即決入店

フィレンツェ風Tボーンステーキ、トリッパ、ひよこ豆と野菜のスープ
これを無塩のトスカーナ・パンに地元ワインと一緒に、美味しです
日本のケチケチ・サーブとは違いグラス半分まで満たされたワイン
料理さながら自然と我が頬も緩んでしまいます


3K8A3079-1.JPG


ホテルへ帰る最終シャトルバスの時刻はとっくに終了していたので
ゆるゆる気分のままタクシーを捕まえて戻り
長かった一日はようやく終わりを迎えます
明日は朝からいよいよ料理教室
部屋にはちゃんと必需品一式が届けられていました

nice!(35)  コメント(7) 
共通テーマ:blog

妻は隠れオタク? [ちょっとブレイク]


IMG_1438-1.JPG

金曜の夜、突然妻が「艦隊を観に行こうよ」と言い出しました
どうやら神奈川新聞の受け売りだったらしいのですが、「艦隊」?

6月2日は横浜開港記念日
毎年あちこちで催し物が開催され今年の目玉はこの「艦隊」
ではなく、出席番号183番、今静かに話題の「護衛艦いずも」です

自衛隊ですから空母打撃群は現在のところ存在しません
がしかし、近い将来バカでかい甲板や格納庫にはあのF35Bとやらが乗っかって
南シナ海を席捲しようとしているC国のなんちゃって空母打撃群を監視するのでは
なんてったてGDP比2%なんて言い出してる防衛費ですからね


IMG_1442-1.JPG


大さん橋に係留された「護衛艦いずも」
3年振りの横浜来航に朝から長蛇の列ができたそうで
午後から参入組の私たちも炎天下のその中で待つこと約一時間
タラップを渡ってようやく乗船にこぎつけ、がらんどうの格納スペースへ

ここから一気に何百人?を乗せたエレベーターが甲板へと素早く昇ります
その速さたるや油圧式でないことはすぐに理解できるほどです
出動・格納に時間がかかり過ぎては一大事ですから

IMG_1446-1.JPG


実は今回、混雑を予想して秘密兵器をようやく登場させたのでした
今さらながらの自撮り棒、別名セルフィー
前回の香港滞在時に購入したまま物置棚で眠っていたのをようやく起こしました

自撮りというよりか人の頭越しに撮影するのに持って来いの代物
試運転にしては上々の出来ではなかったでしょうか
もちろん妻とのツーショットもかなり自然体になりましたからね

IMG_1452-1.JPG


夜の花火大会は自宅に時折聞こえてくる大きな破裂音でその気になってました
平日の行動半径から少しだけ越境したような休みの一日
いつもの人の流れを横方向とすればこの日は真逆の縦方向
会社の駐車場を利用したのでなんだか変な感じでもあったそんな一日でした

nice!(37)  コメント(8) 
共通テーマ:blog

修行の前に [旅の抽斗]


IMG_1339-1.jpg


ANAがアリタリアとの共同運航でイタリア直行便を開始するというニュース
JALな私には便利で無駄のない乗継を引続き模索するだけ
そんな私の近年お気に入りのルートがフィンランド経由です

何と言っても預けた荷物が最終目的地までスルーで運ばれ
2時間ちょっとの乗継時間も手荷物だけなのでラウンジで楽ちん休憩でやり過ごしです
9時間半あまりの飛行時間も食事にお酒と映画鑑賞2本に仮眠を取れば
あっという間にヘルシンキまで運んでくれるのです
ヘルシンキからローマ・ミラノへは2時間半ほどとこれも難なく過ごせる長さです

近年欧州へのツアーによるビジネスクラス利用者急増のせいなのか
往路はJAL便を獲得できずコードシェアのFINNAIR便を利用することになり
その代わりに最新鋭機AB350の初物フライトを体験することができました
またあの黒皮手袋のCAさんも健在、そして日本人CAは何故か男性ばかりでした


IMG_1334-1.jpg


ご婦人方のグループが目立ったのはそのせいではないのでしょうが
紙ナプキンまでマリメッコな機内を思いっきり堪能されたはず
おまけのアメニティ・グッズは土産としても喜ばれるのでしょう、とその傍ら
お父ちゃんはどうしているのだろうと素朴な疑問はこの際振り払っておきました

このように欧州各都市へヘルシンキでの乗換え利便性が向上する反面
ヘルシンキを最終目的地とする観光客数は伸び悩んでいるようで
日本人だけをとってみても乗継手続の列に並ぶ姿を観るだけで歴然としています

昨年3日程の滞在経験を持つ私たちは大手を振ってその列の中に混ざり
最初の目的地でありベースキャンプでもあるミラノへ向け
2時間半ほどの欧州大陸横断フライトを楽しむのでした


nice!(31)  コメント(4) 
共通テーマ:blog

Quaterback sack [独り言の抽斗]


本来彼がやるべきはずのプレーである
まさに敵のクオォーターバックを「潰す」行為なのである
だがその対価は、非難でも謝罪でもなく、紛れもない味方チームからの大絶賛だ

彼の謝罪会見を朝の支度で忙しい間を縫って垣間見た
本当なら彼の両脇には監督と学校関係責任者が居る筈だった
タイムラグは否めないが潔い言葉と共に若いアスリートが消えていった
先に行った会見で相手校名を終始言い間違えてたあの指導者はなんだったんだ

近代ラグビーなら彼のラフプレーは一発退場となる
そもそもボールを持っていない選手にタックルする行為自体が反則なラグビー
アメフトもいい加減ルール改正しないとこれでは未来はない
少なくとも日本では、であるけれど

nice!(31)  コメント(10) 
共通テーマ:blog

赤が似合うあの国へ再び [旅の抽斗]



無題.jpg

赤イイ物は何かないのか

ここんとこ半年くらいずっと探し求めていたところ
降って湧いたように登場してくれたのがこのお品
機種変イヤーにドン・ピシャ重なってこれ見よがしにゲット
毎日欠かさず肌身離さずですからもってこいの逸品となりました

さて、昨年同様に北欧フィンランドはヘルシンキ経由でイタリアへと飛び
再び列車にてMilanより今回修行の場であるCandeliに入ります
Firenzeから車で約20分程にあるのどかなトスカーナの町Candeli
町をゆったりと流れるアルノ川沿いに佇むクラシックな宿に滞在です

当ホテルのレストラン・シェフ直々にトスカーナ料理を学ぶという
3泊4日のスペシャルパッケージがメインの今回の旅
レストランの厨房でやってしまうといういかにもイタリアらしさは
参加者妻と私の二人きりというプライベートレッスン状態も手伝ってか
急遽予定変更で午前・午後の2部制に凝縮して一日で終了でした

当然ながらシェフはお忙しいので快く予定変更を承諾し
その分浮いた丸一日を久し振りのフィレンツェ観光に充てることができ
トスカーナの空気と郷土料理、そして旨いワインを存分に楽しんできました
修了証書とホテル特製USBに収められた写真をはじめ
一風変わった品を含めたシェフからのお土産もいただいてきましたよ

PCがOS共々新しくなったので写真編集ソフトもこの機会に乗り換え
ただ今悪戦苦闘の準備中ですので記事の発表は今しばらくお待ちください

nice!(35)  コメント(8) 
共通テーマ:blog

修行 [独り言の抽斗]



IMG_1321.JPG



落ち着くとは恐ろしいもので
時間があったはずなのになかなか更新できなかった4月は
結局週刊となってしまった我がブログ
ネタがないのもいいことに優先順位は浮上せずというところでした


GW中日の通勤はガラ空きラクラクで快適そのもの
あれだけ座席の空きが目に入るとつい誘惑に負けてしまいます
座り仕事が長い分立ってる時間を少しでも増やそうとの努力空し
TVによると踵落としがどうやら効果ありということで
やっぱり走るのが一番手っ取り早いかなと継続を決意


落とすまではいかないものの石畳の刺激は充分受けれそうで
後半はいつものように妻と二人歩き回ってきます
とは言っても今回、短時間ではありますがある師匠に弟子入りしてきます
手ぶらで来いと言うのでお言葉に甘えその準備はなし
おまけに大方の食事とお酒付きというから悪くはないかな
とは言っても、当然ながら宿泊代にバッチリ含まれております


こういう個人の旅もこれからだんだん厳しくなっていくのでしょうけど
行ける内がハナとばかり還暦イヤーに相応しいコト消費に挑みます

その第一弾、今朝出発です


nice!(31)  コメント(6) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -