So-net無料ブログ作成
検索選択
趣の抽斗 ブログトップ
前の10件 | -

そして誰もいなくなった...、のかな? [趣の抽斗]



 

017 (620x413).jpg



最高気温ですら氷点下となるこの時期のこの場所

雪の予報でもでた日には車も人も町からいなくなり

静寂だけが凍てつく寒さの中に残されるのです

以前は滑るための中継基地としてせっせと通って来た真冬

今ではその寒さと静けさの中でくつろいでみせる楽しみを覚えました



仕事を終えてから真冬の長距離運転は少々身に沁み

特に碓氷峠を越えた高速道路出口からの道には神経を使います

しかしそこはやっぱり4WD+スタッドレス

完璧ではないにしてもこれで不自由なく移動できてしまうのです



002 (600x400).jpg



予報に反して降る雪のない町中はそれでも行き交う車はなく

外気温の氷点下表示だけが薄暗い中でやたらと主張してきます

予め管理人さんに粗方の除雪をお願いしてあったので

昨年の様な悲劇には遭遇せずすんなりと車庫に入れました

普段はかなり寒がりの私ですが不思議と氷点下には強い耐性を示します



翌早朝、屋根から滑り落ちる雪の大音響で目が覚め

外を眺めればしんしんと降る雪が新たに10㎝ほど地面を上昇させていました

デッキの雪掻きだけはやらねばと朝から筋トレさせられたおかげで

朝風呂の有り難味も倍増の1/3小原庄助でした



009 (600x400).jpg



紅葉の季節がベストだという一般評価にはまったく異論はありません

でも、誰も寄り付くことをしなくなった雪の雲場池はマイベストです

新しいレンズを試しがてら、きっと二人占めできるよと勇んでやってきたものの

まさかの光景に遭遇することになるとは



おそらく降り積もった雪は初体験と思しきC&T国のみなさん

どこで私の秘密情報を仕入れられたのか恐るべしSNS

タクシーで駆けつける兵たちも参戦で思わぬ経済効果か?

ストーブリーグの穴埋めをするのはやっぱりこの方たちでした



新婚旅行?のカップルに家族一個連隊、そして女子会と

間違いなく個人旅行のリピーターさん達

雪の厳寒軽井沢を満喫するというコト消費へと

インバウンドの嗜好は確かに新たな方向へシフトしているようです



007 (600x400).jpg



*********************************************



この記事を1月25日予約アップの予定でおりましたところへ

前夜遅く姉からの電話で母の訃報を受けました

しばらくベットの上で色々とシュミレーションを行なったあと荷造りも終え

早朝出社して仕事の段取りを終えそのまま帰阪した次第です



大阪で運悪く風邪をこじらせてしまい最悪のコンディションでしたが

今月曜日からなんとか現場復帰しております

ようやくブログへ向かう時間と体力(?)が回復しました

記事は当日のまま掲載させていただきましたのでご了承ください


nice!(33)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

浪花のシャンゼリゼ [趣の抽斗]



 

IMG_0753 (600x450).jpg



普段より少し強めのアクセル操作で気持ちよく発進したものの

次の信号で直ぐにひっかかってしまった

そんな思いの年明けいきなり三連休でした



確か前市長さんの時代に御堂筋をそうしようなんて計画

あったようななかったような!?

戎橋・心斎橋商店街を歩く事など端っから頭になく

歩道が広い御堂筋を歩いて北上を始めたのはよかったのですが

どうなってんねん、御堂筋

日本とちゃうヤンか



関空の活況を伝えるニュースは東でもよく伝えられています

ああ、凄いねんなと、その程度の捕らえ方で済ましていました

実際目の当たりにしたのは9割かた外国人で埋め尽くされた光景で

新春セールの情報がSNSを駆け巡っているのだとしても

これ程の外国人観光客が大阪へ押し寄せているとは



爆買い、まだまだ勢いは止まってないのですね

梅田でバスが止めれなくなった分、ミナミへ流れてるという話

一日600円市営交通乗り放題カードで個人旅行客も行動範囲が拡散

大阪の地下鉄は高いからなぁ、今度使ってみるかな

たこ焼きよりもやっぱりラーメン人気は屋台麺慣れしたアジア人が支えてるのか



梅田で二手に別れ私が向かったのが新春恒例のヨドバシ

福袋が早々にはけて落ち着きを取り戻した2日の店内は

思ったほど混雑はないもののはやりここにも大勢の外国人たち

相変わらずカメラコーナーの人気は絶大でスタッフも大忙し

そこへCanonから派遣のスタッフ登場でよっしゃ、やっと買えるで



ストロボ撮影機材を持ち合わせない代わり、ついにあのジャジャ馬を手に

これで旅先での撮影範囲も格段に広がるのでしょう

電動歯ブラシの替えもついでにと階下のコーナーへ移動してまたビックリ

アジア系女性観光客で賑わうこっち系コーナー

安心して本物をしかもお安く購入できる魅力には勝てないのでしょう



地元横浜や川崎で下調べしてから梅田で購入するパターンが定着

品数の多さと値切り応えの良さ、そして裏切らないその成果

大阪の買いもんはけっこう楽しいなぁと

別行動から再合流のチャキチャキ浜っ子妻もいつもの様に同意見でした


nice!(25)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

浪花正月風景 [趣の抽斗]



 

IMG_0751 (600x449).jpg



朝一番の便で羽田を飛びさえすれば

最短手段で8時半には家に到着できるとういう

伊丹空港の利便性に毎回感嘆の独り言が漏れます



普段から満席状態のドル箱路線ですから

大晦日だといって乗客の特性以外別段気に留めるものはなく

午後になってうめ地下へ繰り出すまでそこに特別な空気はありません



しかし、いったん地下へ足を踏み入れたなら突如として空気が変わり

アメ横に負けず劣らずの光景が眼前に広がってくるのです

凄まじい購買力を見せつけられ流れに身を任せながら歩を進め

注文しておいたおせちを最後に受け取れば即離脱に入りまます



翻って元旦早朝、大晦日のあの騒ぎが嘘のような静けさ

がしかし、それもまたまた束の間で

墓参りで乗った電車内には破魔矢を片手の乗客たち

名の知れた神社への初詣前後ということになるのでしょう

それにしても大阪人がこれほど破魔矢を好まれるとは



お墓の近くに地元では名の通った神社があるので

普段ならあまりすれ違わない「人」に大勢出会い

ならばついでに我々もとばかり、その人の流れに乗って行きます

数十年振りで参拝したこの神社のローカル色を楽しみながら

ちゃっかり前小厄払いも完了で佐野へ行く手間が省けました



早起きは三文の徳とはこの事か、それとも移動が便利なちっちゃい大阪のおかげかと

お昼に家へ戻って密度の濃い内容をこなしても

まだ午前の部がようやく終了しただけなのだと実感です

午後の部、今度は少し腰を落ち着けて母親の見舞いに北東へ移動し

牧歌的というか田園的というのか、母親がいる環境に触れ一安心です

肝心の本人との会話は思ったようには成立しませんでしたが

心配のない落ち着いた状態で過ごしているのは何よりでした



翌2日は午前中に再び母を見舞った後、ドM的大阪繁華街散策です

私にとって恒例のあのお店へ顔を出さずに正月は始まりません

次号も大阪小ネタで引っ張ります


nice!(28)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大発見 [趣の抽斗]



042 (620x413).jpg



休日の様子しか知らない場所に平日居てみたいという願望

母には悪いけど今回の急帰阪で実現することになってしまいました



飛行機は毎度のことでドル箱路線の満席状態は同じで

おまけに大阪周辺行きのリムジンバスも満席で一本見送り

日帰り主張族の多いことと言ったらビックリです

ちょうど月曜日の出勤ラッシュアワーにぶつかるものの

こちらは日々の鍛練で難なくやり過ごしていきます



家に荷物を置いて一服の後いつもの商店街を通って駅へ向かいます

朝から地元民で結構な賑わいを見せるいつもながらの活気です

帰りの夕方も同じで今度は一杯引っかけましょかとネクタイ族が目立つ裏通り

土・日なら朝から長蛇の列ができる大人気寿司店はというと

おっと、誰も並んでないやん

インバウンドと域外人がどうやら行列の正体だったようでした



母の顔を見て一安心したらここはやっぱり繰り出しましょういつもの場所へ

土曜日予約なしでは遅くからしか入れない人気店も月曜なら大丈夫だろうと

18時30分に突入したら何とか席にありついたやっぱり人気のお店です

隣のおばちゃんやその連れのおっちゃんたちと意気投合し

店の大将一家交えて週末では味わえないひと時でした



母に会いに行く時いつも利用するのがJR大阪環状線と京都線

中でもこの環状線、停車駅の発車告知メロディーがちょっとユニークで

今回初めて気付いた大阪駅はあのたかじんの「やっぱ、好きやねん」です

全19駅にはその駅にちなんだメロディーが割り当てらていて

大阪駅を挟んで福島駅が円広志の夢想花と天満駅がaikoの花火

こじ付けも見受けられますが選考には大阪風味がたっぷりと盛られているのかなぁ!?

上田正樹の大阪ベイブルースが落選してるのにはちょっと納得いきまへんな!


nice!(20)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

季節の変わり目 [趣の抽斗]



 

011 (620x413).jpg



紅葉をたっぷりと楽しんでの帰路の高速道路

いつもより早めに出発してきたにもかかわらず結構な込み具合で

皆さん何処かしこで同じように楽しんで来られたんだなと話の最中

横川SA辺りで一本の電話が着信しステアリングのボタンで応答すると

母の異変を知らせる長女姉からでした



017 (620x408).jpg



この日の明け方施設から近くの病院へ救急搬送され

一時は心肺停止となったものの医師の蘇生処置で一命をとりとめ

予断は許さないまでも落ち着きは取り戻したという連絡でした

どうやら肺炎にかかった上、病院で自分の嘔吐物を誤嚥したのが原因らしいです



009 (620x413).jpg



休日の高速道路は私を含めどこもサンデードライバーの溜まり場と化し

案の定いつもより早くしかも多く事故が発生して大渋滞となり

結局5時間かかってようやく自宅へたどり着いた次第です

その後姉から電話が入ることなくメールで小康状態を確認したので

次の朝の便で急遽帰阪することにして母を見舞って帰ってきました



母の生命力といったらそれはそれは逞しいの一言に尽き

現在まだ酸素吸入はするものの意識は入院2日目にしてハッキリとしており

入院なんか嫌やと、はめられたミットを外してまで吸引器を取ろうとして

隣りのおばあちゃんに笑われたり看護師さんたちを困らせたりしているようです

予定では今月中には退院でき、無事新しい年も迎えられそうです



013 (620x413).jpg



先週末から明けはこんな風に強行軍となっていささか身体に堪え

疲れがどうやら眠れる親不知を起こそうとしたのでしたが

ホッとした後のお気に入りの店での一杯でそれも吹っ飛んだようです



023 (620x413).jpg



ということでちょっと引っ張り気味の雲場池の紅葉本編をお届けしています

紅葉が終わると本格的な冬が軽井沢にもやって来て

いっちょまえに2時間900円も取る専用駐車場には車の影すら無くなり

本物の長いストーブリーグがはじまるのです

近くでランチも予定してたので大混雑で空きスペースがないと言って返金してもらい

500m程旧軽ローターリー側の1日800円に駐車して歩くことにした私たち

これは絶対にアリですよね!?

ちなみにそのちょっと先には狭くなりますが1日500円もありますからね



037 (500x330).jpg



この日は久し振りで旧軽辺りもぶらついてみることにし

まずは今人気の店のひとつ、群馬のパン屋さんが営む複合店舗へ

レストラン開店前に辿りついていたらしく開店後はすんなり席へ案内され

久し振りで名物チキンディッシュを食べてきました

私の横浜ランチの倍はしてしまいますが量はたっぷりパンのお替り自由と

リゾート軽井沢にしては意外とリーズナブルかもしれないと妻は言います



039 (500x333).jpg



食後は運動にとあまり変化がないだろう銀座をぶらつき

ちょっと変化のあることを発見するも時代の流れと驚かず

明朝の朝食にとF店のお向かえA店で違ったパンを買い求めて小屋へ戻るのでした



033 (620x413).jpg



そして小屋で待ち構えていたのは紛れもなく冬支度のお仕事

集めて下へ落とすくらいならお茶の子さいさい

あとは廃棄もあるので管理人さんにお任せです

氷点下の声を聞いて水抜きが完了するとまもなく厳しい冬の到来です



043 (550x367).jpg


nice!(19)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

シャウト [趣の抽斗]



大ヒット2作のおかげで大幅上方修正された東宝の業績

ビジネス誌で特集連載が組まれているシン・ゴジラがそのひとつ

海ほたるに立ち寄ったとき初めて遭遇してなんだか観てみたくなった作品です



死んだはずのゴジラが復活するからシンと新を掛けた

なんて勿論単純な話ではなく切り口が従前のゴジラシリーズとは全く違う

竹を割ったような賛否両論が展開するけったいな作品に仕上がった

という曖昧な表現ではぐらかすとしまして

この作品には上映中の観客声だしOKという鑑賞方法が導入され

テレビ雑誌等で話題となっているというのが本日のお話です



単に上映中の会話や感情を声に出すことを認めるものではなく

観客が同じフレーズを一斉に叫ぶという日本では比較的新しい試みです

さすが二度もお金を払ってまで体験しに行こうという気にはなれないので

実際どのような事が起こっているのか、興味ありの方は劇場へどうぞ



この話題を耳にしてすぐ頭に浮かんだのはイギリスが誇る?元祖声だしOK作品

The Rocky Horror Picture Show です



公開当初のイギリスでは鳴かず飛ばずの元々はミュージカル作品の映画化でしたが

公開一年後の1976年アメリカで深夜興行された途端

毎週末コスプレの観客が揃って大声でツッコミを入れたのが始まりで

米や水、はたまた紙吹雪なんぞが劇場内を飛び交うという

まさにアメリカンなバカ騒ぎへと発展していくのでした



この映画に遭遇してしまったのが忘れもしない翌1978年の暮れ

訳も分からず友人たちについて行ったが百年目

なんやねん、この騒ぎはと、ただただ呆然とその場に立ち尽くすのでした



絶対やってはいけなかったことが許される不思議な解放感は

ひょっとして溜まったものを一斉に吐き出させてくれるやもしれません

シン・ゴジラでさりげなくしかも一瞬で表現されてしまった内閣総殉職

どんなツッコミ合唱が入っているのか

ちょっと気になっている私です


nice!(27)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Win-Win [趣の抽斗]

3K8A0172 (500x333).jpg



荒削りなところは否めないがエキサイティングなゲームだった

このチームに規律と統制がしっかり埋め込まれたなら

次回W杯ベスト8で再び対戦すること間違いなしのサモアンだった



最大の目標が目の前から遠ざかってしまった瞬間

正直チーム全体のモーチベーションが一瞬下がったに違いない

しかし、鬼軍曹顔負けのエディHCから得られた成果は

世界中の多くの人々の記憶にBrave Blossomsの姿を焼き付けただけではなく

W杯至上初の3勝チーム予選敗退という史実を今まさに残そうとしているのである



 ティア1に属する大英連邦チームが当たり前のように集う決勝トーナメントの様相は

今大会を機にこれから大きく変えられていくことは間違いなく

その試金石となっているエディ・ジャパンの今大会における功績が絶大なのは

エディの指導方法に懐疑的だった日本のラグビー関係者もこの際潔く認めざるをえないし

次回の自国開催に向けていやがおうにも新陳代謝をおこさなくてはならないだろう



 今大会後に日本の地を去っていくエディー・ジョーンズ氏が残さんとしているもの

それが日本人にはとかく欠如しがちなWin-Winの関係構築力および精神なのではないか

後ろからひっぱたいてやりたいくらいエディと衝突したというかの五郎丸君をはじめ

寝食共にした仲間達もきっとそう感じているにちがいない



泣いても笑ってもこれが最後のゲームとなるアメリカ・イーグルス戦

試合会場はおそらく大勢のジャパンファンが詰めかけて

完全ホーム状態となること間違いなし

そんなプラス波動に包まれながら相手を完全にノックアウトしてきてもらいたい

かくいう私は完全アウェイの地でライブTV観戦となるが

アイランダーたちはきっとジャパンの味方であると信じたい



共通テーマ:blog

本望じゃあないか [趣の抽斗]



またまたラグビーW杯の話題で恐縮ですが

予選最終戦を記事にしないで終わるわけにはいかないので

来る11日の対アメリカ戦について二言三言



日本戦を前に南アフリカ戦を戦うアメリカにとっては最悪の中3日でのゲーム

なので先発メンバー12人をサブと入れ替えて南アに挑み

温存されたベストメンバーでジャパンと戦う事になったらしい

ここまで全敗だからどうしても1勝が欲しいのはわからないでもないが

少々油断もありそうな南アを負かしてジャパンのように歴史を創るという

ヤンキー魂はどうやら微塵もないらしく

話題沸騰のジャパンをぶちかました方に利があるというのだろう



まあこれでジャパンは気を引き締めてガチンコ勝負していけるわけで

たとえ試合前に残念な結果となっても別のエポックメイキングをめざし

本当の強さをラグビー発祥の地で十二分にアピールして

次回母国で胸を張っての開催に繋げていただきたいものだ



サモアとの一戦の後日美談が報じられているなか

どうやらサモアは最終戦の対スコットランド戦を勝ちに行ってくれそうである

両者の過去の対戦成績を振り返って見ると殆ど互角の勝負をしている

フラストレーション溜まりっ放しのジャパン戦だっただけに

負けることを恐れずに挑めるこのゲームで本来のサモアンらしい展開ができれば

今のスコットランドを倒すことなど全く不可能ではないのだ



さあ、これで10日午後10時30分(日本時間)開始のサモア戦の応援し甲斐ができたというもの

翌11日に行われる対アメリカ戦が今大会予選のなかで最もエキサイティングなゲームとなるか

すべては先発サモアン・フィフティーンの勝ちに拘る闘争心と

ゲームを通してのDiscipline(鍛錬)の維持にかかっている



ここまでのジャパン大躍進には当初から期待していたのは勿論だが

最終戦当日に日本を離れなければならないという現実は避けて通れなかった

ライブ観戦できないと諦めかけていたのだがやっぱり持っていたのか

なんと、このゲームに限って現地時間の20時00分スタート

完璧な敵地ではあるがどうやら前半途中からライブ観戦できそうだ



共通テーマ:blog

ティア1への扉は開かれた [趣の抽斗]


スポーツの秋の始まりでもある

ひょっとして、の淡い期待も虚しく劇的な試合でスワローズが乱セを制した

知らず知らずのうちにタイガース頑張れとエールを送り

ゴメスの三振や福留の凡退にため息を漏らしていた私

ジャパンラグビーの奇跡よりかはもう少し頻度が上がるこんな珍現象

いつもはスルーしているヤクルトレディーに明日の朝は足を止めてみようかな



素晴らしい勝利だった

にもかかわらずメディアはボーナスポイントがどうたらとか

3勝してもベスト8に残れない可能性がこうたらと

あんたら今目の前で起きている事がどういうことか

よーく理解してから言葉や文字にしなさいよね

大魔神が今朝のTVで発したサモアがスコットランドに勝てばいいという

ごもっともなコメントの方がスッキリしていて気持ちがよかったわ



ラグビーを始めた頃に創刊されたラグビーマガジン

売り切れ続出でどうやら臨時増刊されるらしい

おそらく今回のW杯の特集になること間違いなしなので

レプリカのユニフォームより購入優先順位は上位だ

カンタベリーやアシックス社内では嬉しい悲鳴が轟いていることだろう

ピカデリーサーカスのリリーホワイトの大混雑振りも目に浮かんでくる



この降って沸いたような人気を今後どのように料理していくか

日本協会の運営方法に大きく圧し掛かってくる

もちろん、エディーが去った後の後任HC人事は最重要課題だ

ラグビーが如何にエキサイティングなスポーツかこれでお分かりいただけただろう

だから真に一日も早くジャパンをティア1へ伸し上げたいと願う方々にどんどん参加いただき

そして扉の先の上がりかまちでノットローラウェイを繰り返す面々には

是非ともレッドカードの提示をお願いしたいものだ



共通テーマ:blog

今後の観戦をより楽しくするために [趣の抽斗]



大阪の家ではスカパー光というチャンネルの視聴が可能で

たまたまリモコンを合わせると中川家と松尾雄治氏がラグビーW杯の特番をやっていて

中川家の二人が実際にボールを使って簡単なルール解説をやっていた

20日の昼に再放送された南ア戦の後半を家内も一緒に観ていたのだが

どうやらこのルール解説が取っ付き易かったのか楽しんで観戦できたようだった

私の現役時代を知らない彼女がようやくラグビーに関心を持ち始めた瞬間でもあった



 初めてW杯の試合を中継することになった日テレにとっては

かなりのギャンブルであったのか、例のセクシー・ルール解説が物議を呼んだ

結果はご覧のとおりで、まさしくタナボタ状態、大穴を引当てたということになった

予選残り2試合の視聴率も間違いなく高いものとなるだろう

サモア戦まであと8日、どうやら五郎丸君とTMO判定のネタを仕込んだらしい中川家に

是非特番でルール解説をやらせてみてはどうだろうか



私が現役の頃と比べてもプレースタイル自体が大きく変化してきたので

司るルールも必然的に変わらざるを得なかったのだ

簡単に言えば昔と比べかなりユルユルになった反面

ラフプレーや故意のプレー妨害行為にはシンビン退場という厳しい罰則が加わった

ボールを前に投げてはいけない( throw forward:スローフォワード)や

ボールを前に落としてはいけない( knock on:ノックオン)はもうお馴染みなので

もうひとつ、よく登場するものの理解に苦しむ反則をここでご紹介しておこう



Not roll away、相手側の球出しを密集に残って妨害してしまう行為

速やかに離れようとするが大男が上から覆いかぶさってくるのでなかなか抜け出せない

私は何もいたしませんと言わんとばかり寝ながら万歳するのだが

時たま運悪くレフリーに故意だと取られてしまうのが不運の始まり

ちょっと、早よぅ、そこ、どきや!= ノット・ローラウェイ



おまけにもう一つ、スクラムがイマイチなサモアに低くて可憐なジャパンが

きっと仕掛けて誘発させようとする反則が Collapsing

故意にスクラムを崩したということで課せられる反則だ

単純に押し競饅頭をやっているかのように見えるスクラムだが

最前列の両端1番と3番どうしの首を張った駆け引きが勝敗を大きく左右する

我慢しきれず思わず頭が下がったら一貫の終わりだ

一旦実ったら決して頭は垂れてはいけない



 夜を徹して南ア対サモア戦を観た

さすがサモアのフィジカルは大したものだった

だからエディーはきっとビッグ・アプセットを演じたメンバーで行くはずだ

そして大学卒業間近の私を病院送りにしてくれたあのサモアン気質に変化がなければ

執拗かつ果敢な低いタックルはきっと数々のペナルティーキックを五郎丸君に与え

我らがBlossom Braves をきっと勝利へ導いてくれるであろう


nice!(25)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - 趣の抽斗 ブログトップ