So-net無料ブログ作成
検索選択
宿の抽斗 ブログトップ

Bird's eyes [宿の抽斗]



013 (600x397).jpg



1977年だから今から40年も前のお話
語学学校のとある先生の引率でDiamond Headに登りました
先生は軍にいたから特別許可がもらえ興味津々のハイキングでした
今では$1払えば誰でも登れすっかり人気観光スポット


朝2番目のフリー・トロリーバスに乗り登山口終点まで連れてってもらいます
窓のない車内で心地よい早朝の偏西風に吹かれながら
ダイアモンドヘッド・ロードをゆっくりと登っていき20分ほどで到着
ご来光見物ツアー御一行と入れ違いでハイク開始です



024 (600x400).jpg



40分ほどのハイクと心臓破りの階段を克服した褒美は実に気持ちのよいものでした
700フィートちょっとの旧火山火口の天辺でしかないのですが
ホノルルでは何と言ってもここが最高峰ですからそれはそれは鳥になった気分です
しばし頂に佇み360度パノラマ絶景を眺めながら思い出にひたります


こんなにいびつな形だったんだカピオラニ公園
今でもしっかりそそり立つゴールポストにはやっぱりひときわ思い入れが
卒後間近で病院送りとなってしまったあのシーンのフラッシュバックや
五郎丸より遥か昔にクロスバー越えを連発していた伝説?のキッカーの姿



025 (600x400).jpg



傍らで初登頂を成し遂げ何を思うのか我が奥さん
お魚ではなくお鳥になった気分はいかがなもん?
懐かしい二人の出会いのシーンでも回想していたのかなぁ
どうやら下りのことで頭が一杯だったというのが真実



028 (600x397).jpg



いやいや、それも無理はなかったのでした
登る前からちょっと不安を抱えてた彼女の足ではなく靴はご覧のとおり



030 (500x333).jpg



随分前にこの地で買ったモノだけにここでゆっくり眠らせてあげましょう

ダイアモンドヘッドへのハイキングを計画されてるみんなさんへ

出発前に今一度スニーカーの点検をお忘れなく!

nice!(31)  コメント(10) 
共通テーマ:blog

ビバリー・ウィルシュアー [宿の抽斗]

  前記事でTVがつまらないから秋の夜は長いと書きましたが、CATVは時々例外で、
新旧懐かしいやら見たかったやらと、ここのところイイ映画を時々放送してくれますので、
録画してこういう時に観ています。

まずは『岳』、小栗旬長澤まさみの山岳モノ。お金を出してまで見に行こうとはしなかった
一本ですが、去年香港から帰国途中、食事をしながらパーソナルで観てたところ、偏西風
追い風のためフライト時間が3時間少々と短い上に、この映画、結構長いときてます。

長澤がヘリの救助用ロープを自らナイフで切断して、取り残された要救助者一名のもとへ
落下していくところで機内エンターテイメント終了。つまり一年越しの消化不良が本日解消
されたのでした。あ~~あ、スッキリした。

次は以前にも書きましが、公開当初3,000万?のフィリピン人女性を一瞬にして虜にして
しまったあの名作『プリティー・ウーマン』をデジタル版で、恐らく10回目辺りの鑑賞です。
何をそんなに見る価値があるの?、と言われそうですが、実は単純にあの当時主人公の
リチャード・ギアのようになりたいと思ったからでした。

プライベートジェットで宿泊地のロスからヴィヴィアンをつれてサン・フランシスコのオペラ
ハウスへ出向くなんぞ、なんとスケールのデカイことか! そして、数々のドラマが生まれ
ていくビバリー・ウィルシュアーホテルのPH(ペントハウス)。このホテルはエディ・マーフィー
主演のビバリーヒルズコップでも使われていましたね。

そこで10年位前に遡るでしょうか、あのクールで粋なトンプソン支配人、ヴィヴィアンが
初めてドレスを着て座っていたバーカウンター、そして彼女が思いっきりソデにされて撃沈
したロデオドライブのセレクトショップ等の検証を行うべく、PHではありませんが泊まって
みたのでした。

ちょうど大規模なリノベーションが終わった後だったと記憶してます。支配人が小粋な会話
を交わしたロビー、ヴィヴィアンがあのニーブーツを乗っけて老紳士の口をあんぐりさせた
エレベーター前の灰皿、満席で入れなかったロビーバー、バブルの象徴だったブーメラン
アンテナ付きキャラット・リムジンが停車していたホテルエントランス前など。
『これや、これやがな』と、一つ一つが感激モノでありました。少なくとも私にとっては。

ホテルはロデオ・ドライブのドン突きに建っているポジションにあり、部屋を出てほんの
数分であの異次元空間へ突入できます。世界に名立たるブランド・ショップは勿論のこと、
映画にも登場した、客を見かけで露骨にあしらうセレクトショップが沢山有るのも特徴
でした。ヴィヴィアンもこてんこてんにやられてましたね。

自由の国アメリカ、と言うイメージが強いのですが、現在でも人を身なりで判断したり、
古き階級意識が残る国だと言うと、ちょっと信じがたいと仰る方もいらっしゃるでしょうが
This is America, too なのです。そして主要EU諸国も多分に漏れずそうであります。
劇中のヴィヴィアンのような『モロ・・・風』な格好では当たり前かもしれませんが、訪ねる
場所によって、われわれ日本人は服装も変えた方が無難な場合が多いのです。

まあ、そんなことをこれっぽちも気にかけず、お構い無しでラックやハンガーの商品を触り
まくる潜在的図々しさを持ちあわせているので、ヴィヴィアンのような憂いき目に会わずに
済むわけです。一目瞭然な例として、もし大都市へお出かけの際は是非デパート巡りを
していただくと良く分かります。ただし、ホノルルはごく一部を除き例外です。実に明確に
階層化されている事に気付くはずです。メイシーズには短パン・Tシャツでも問題なしです
が、バーグドルフ・グッドマンへ行く時はおめかしして出掛けましょう。ひょっとすると映画
のようなアグレッシブな応対を受けるかもしれませんよ。

取り留めの無い映画ではありますが、プリティー・ウーマンのDVDが未だスーパーの
ワゴンセールに登場しないのは、その辺に訳があるのではないでしょうかね。
ともあれ自分の気持ちが萎えそうになった時に、いつも鑑賞しているように思えます。


nice!(12)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ええじゃないか、ええじゃないか その2 [宿の抽斗]

  そのままメインコースの『お伊勢詣り』を期待されてた読者の皆さんには申し訳
ありませんが、フルコースのメインディッシュ前のジャーベットの如き、もうちょっと
滞在したホテルについてのよもや話を、メインへと入る前にしておこうと思います。

宿泊したザ・クラシックは本当に質素な造りで、あの小説やドラマからはおよそ想像も
つかないほど派手さが全く無いホテルなのです。連泊プランにはコーナー・スウィートと
名打った下の写真の部屋が用意されています。一目していただくと説明の意味が良く
お分かりいただけるでしょう。ただ、開口が二か所有るだけで実際の部屋は広く見える
のも事実です。

コーナースウィート (480x360).jpg

ところが、このホテルにはその構えとは正反対にとてつもない名物メニューがメイン
ダイニングのザ・ラメール・クラシックで用意されているのです。

   伊勢海老カレー ¥14,000     黒鮑カレー ¥11,500

各々デザートとコ―ヒー・紅茶が付いてのお値段ですが、さすがこれぞカレなる一族
であります。

話の種に...とは一瞬思ったりもしましたが、なかなか勇気が持てません。
ただ、私はこのカレーの味になんと大阪はミナミのド真ん中で遭遇したことが幾度か
ありましたので、ここはその味を思い浮かべて食べたつもりとなり、次回までその楽しみを
取って置くことにしました。

このカレーの味を受け継ぐ大将が西心斎橋で店を構えていて、シーフードとドライカレーを
他の洋・和食と共に提供してくれます。その店の名は『なかむら』といい、この大将は地元
TVの料理番組を持つほどの有名人でもあります。賢島まではちょっと言う方はミナミで
お試しあれ。値段もそこそこときています。


ところで、華麗なる一族と言えばキムタクが主演したドラマがとりあえず記憶に新しい
のですが、その中のワンシーンに確か父親役の北大路欣也が、志摩観光ホテルの一室
にて大胆にも正妻とお妾さんと三人で過ごすというものがありました。異常であることは
確かなんですが、極論的見方に換えれば俗に言う一室三人使用の『エキストラベッド』です。

エキストラベッド仕様にすると、とにかくその部屋の居住スペースは極端に狭くなりますね。
家族なら子供さんがそのエキストラベッドに寝るのでしょうけど、友人同士の滞在となると
どうしてもジャンケンポンの憂いき目に遭遇します。後腐れの無い関係ならば良いのですが、
家族でもともすれば険悪となる場合が多々あります。

そこで、我が家では今後エキストラベッドを使用するケースを『華麗なる一族スタイル』と
呼ぶことにしました。多感な年頃のお子さんと旅行する際にエキストラベッドがもし必要と
なった時は是非、彼(彼女)が知らない事をいいことに『よし、今回は華麗なる一族スタイル
で行くぞ』と言ってみて下さい。『華麗』と『一族』という単語のどこかセレブの香りが漂う
部分に、おそらくポジティブな反応が見て取れるかもしれませんよ。

箸休めになったどうか心配なところですが、次号は『お伊勢さん』でまいります。


nice!(15)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ザ・ペニンシュラ香港と風水 [宿の抽斗]

言わずと知れた香港を代表する名門ホテル
バブル絶頂期にはバブリーな日本人カップルでごった返し、ロビーでのアフタヌーンティーには連日
長蛇の列(現在でも季節と曜日によっては待つことも)ができ、一階のショッピングアーケードは
各有名ブランドのショッピングバッグを両手で持ち歩く日本人観光客で大賑わいだったのは一昔前。

         The Peninsula HK.jpg
         
イルミネーションで飾られたメインエントランス-香港が一番光り輝く時

現在の姿になったのは1997年中国への返還の少し前、1994年頃だったと記憶しています。
旧啓徳空港(カイタック)閉鎖に伴うビルの高さ制限の緩和によるものだそうです。
そう言えば、カイタック空港着陸の際のスリリングな体験が懐かしく思われます。
バブル崩壊後も暫くは日本人観光客数もそう落ち込むことは無かったのですが、さすが近年になると
その数が優に中国人観光客と入れ替わってしまった様です。

最新のニュースではそのペニンシュラが、施設内に於いて今後フカヒレの提供を止めると言うのが
ありました。世界的なサメの乱獲に対するワーニング・アクションです。
フカヒレと言えば、アワビと同様に高級品が宮城県などから香港・中国本土へ輸出されていましたが
震災の影響で輸出量は激減したはずでしょうが、復興と共にこのペニンシュラのコミットメントに対する
今後の日本のスタンスに注目したいものです。
いずれにせよ、フカヒレは増々高級食材化して行くのは間違いないでしょう。

ところで、ザ・ペニンシュラ香港と言えば思い浮かぶのがあのロールスロイスです。
ペニンシュラカラーの濃いグリーンにペイントされた最高級車。香港は対人口比でロールスロイスの
保有率が世界一だったんですが、現在はどうなんでしょうか?
街で見かけるロールスロイスどころか、他の高級車もめっきり減ってしまったような気がします。

というのも、一昔前には高級ショーファーカーで颯爽と高級ブティックやレストラン前に乗り付ける
香港マダムの姿も近年、あまり見かけなくなってしまったからです。恐らくリーマンショック以降特に
激減してしまったのでしょう。あのスノビッシュな立ち居振る舞いがセレブの香りをプンプンさせて
いましたね。

 The Peninsula Lobby.jpg
  ニューイヤーズ・イブの晩餐会を待つザ・ロビー

さて、この話にどれほどの信憑性があるかと問われると首を垂れるしかないので、小話程度に読んで
いただければと思います。
とにかく噂話やゴシップが大の好物である香港人の友人が出所の『香港都市伝説集』です。

香港と言えば風水、と言うくらい私のまわりにはその話題がひしめいていました。特に二人の
風水師を友にもっていましたので、風水にまつわる沢山の話が聞けてそれはそれは興味深いものが
ありました。最近あまり日本では騒がれなくなったようですが......。

香港スペースミュージアムという半円形のプラネタリュウムを擁した施設が、ザ・ペニンシュラ香港の
目の前に、サルツベリー通りを挟んだ海側に鎮座しているのをご存知の方も多いでしょう。
この施設が出来た当時に人々は、この半円形がどうも『木魚』に形が似ていることから、ホテルも
えらいもんが前に出来たな、と同情を込めた噂話で盛り上がったらしいのです(香港人らしい!)。

確かに眼前に障害物が出来てしまったので、大切なハーバービューが上層階のみに限られて
ホテルの部屋の価値も幾分かは落ちてしまったのではないかと思われますが、果たしてこの木魚
さんがどのような影響をホテルに与えたかは、後日談を聞き逃してしまったので定かではないですが
本館の後ろにタワーを新築したのには、ハーバービューの再獲得と合わせて、何やら訳でもある
のかも知れませんね。

もう一つおまけに付け加えますと、これも結構有名になった様でしたが、セントラルにある
香港上海銀行ビルの話です。
セントラル地区と言えば香港の、と言うよりも世界の金融センターと言っても過言ではない超高層
ビル群がある地域です。これらのビルが建設される度に『香港風水戦争』なるものが勃発していた
ようです。施主としては当然ながら、完璧な風水で彩られたビルを持ちたいと言う願望があるわけ
ですから、それが個々に隣接してくれば、こっちにはベストな形があっちには最悪だ、なんて事が
しょっちゅう起こるのも無理はないと思います。

ビルの名前は忘れましたが、この香港上海銀行ビルにまさしく風水学上、剣の矛先を向けるような
新しいビルがその全容を現した時、香港上海銀行ビルの施主はそれは頭にきたそうです。
そこで対策として打って出たのが、この新しいビル目がけて屋上に設置された『大砲』に見立てた
窓拭き用ゴンドラだそうです。そう言えば遠くから見ると、そう見えなくもありませんね。
大砲で剣の刃を打ち負かすとは凄い発想です。

私もこの友人たちの影響で少なからず風水に興味をもち、家を建てる時の参考になんかしたり
しました。その効果の結論を出すにはもう少々時間が必要ですが、風水に満ち溢れた香港へ行くと
不思議と元気になったような気分になるのは自分だけでしょうか?
香港へ行けない時は横浜中華街で間に合わすことにし
ています。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ラッフルズ ホテル [宿の抽斗]

日本から6時間とちょっと、マレー半島最南端の小国シンガポールと言えば・・・・・・、マーライオン、と
連想するのが普通なんですが、最近ではテレビのコマーシャルにも登場したマリーナ・ベイ・サンズが
新しいシンガポールの『顔』になっています。

This is Singapore.jpg  マリーナ ベイ サンズ.jpg
フルトンホテルを中心に、マーライオンと高層ビル群       屋上がプールになっているCMでもお馴染みのホテル。

そんな中、私にとってのシンガポールと言えば、どうしてもこれを外すわけにはいきません。
Raffles Hotel です。
再開発の為、元あった場所から内陸へ1km程移動させられた際、改装工事も行われて現在の姿と
なったのですが、コロニアル調の建物はひときわどっしりと風格が漂います。

Raffles Hotel.jpg
クリスマス・イブのホテル正面玄関

ホテルロビーのクリスマスツリー.jpg
クリスマスツリーの存在感十分なロビー風景‐入口でセキュリティーチェックがあります

このホテル、他とちょっと違うのはあまりロビーを使わない、と言う事です。
自分の部屋へはここを通らずに直接アクセス出来る様になっているからなのです。ですから
表玄関はいたってシンプルでとても小さく、事務所のドアと言う感じがします。

エバガードナー スウィート.jpg Welcome to Raffles.jpg

Eva arrives at Raffles.jpg View from bedroom.jpg

1950年代半ばにエヴァ・ガードナーが宿泊したスウィートルームに、早朝の到着にも係わらず
チェックインさせて貰えましたが、さすがに朝からシャンパンは無理でした。
部屋の造りは大体、ストレートタイプのスウィートみたいです(少なくとも同じ棟の部屋は)。
さて、エヴァはこの部屋でいったい何を思い、何を考えていたのでしょう?

各フロアにはバトラーが付いていて、色んなリクエストに応えてくれると言う事でしたが、うまくこの
サービスを使い熟せないのが悔しい。
唯一、ロビーにあるレストランで食事した際に、残ったワインを部屋まで運んでもらったくらいですか。

Raffles にはあの有名なカクテル、『シンガポールスリング』が誕生したLong Bar があります。
バーテンダーがいる長いカウンターがある、薄暗い雰囲気の年代を感じさせるバーです。
何故か殻つきのピーナッツが各テーブルやカウンターに置いてあって、店の中は殻だらけ。
甘いカクテルは苦手ですが、来訪記念に一杯だけいただいてきました。

シンガポールスリング w ピーナッツ.jpg ホテル内施設.jpg

恐らく元あった場所の方がこのホテルを一層引き立てていたのでしょうけど、数ある高級ブランドの
近代的なホテルとは全く趣の異なった独特の雰囲気と、raffles のもてなしは経験に値しました。

老舗のホテルと言えば、冒頭の写真にも小さく映っているフルトンがあります。昔の郵便局を改装して
創ったホテルで、こちらは重厚なロビーが時代を感じさせます。
このロビーでハイ・ティー(アフタヌーン・ティー)が楽しめます。地元のセレブに人気があるので要予約
ですが、一度サーブされた食べ物は無くなりかけると係りがトロリーでりフィールにやって来ます。
思わず食べ過ぎて、危うく夕食のスペースが無くなるなんて言う事にも成りかねますので、きちんと
No thank you は言いたいものです。

       リバーサイドウォーク.jpg

夕食と言えばフルトンホテルの反対側を流れる川沿いに(写真左上の低層建物群)、名物の
チリ・クラブを食べさせてくれる小さなレストランが、川沿いのテーブル席とともに長~く軒を並べて
いて、夜になると観光客でかなり賑わうそうです。
チリ・クラブは値段が手ごろな殻が馬鹿にゴツイ、スリランカ沖産ではなく、少々高めのオーストラリア
産をお勧めします。とかく殻が押したら凹む蟹に慣れた日本人にはそう思います。

最後に、Raffles Hotel に泊まって思い浮かべたのがあの Orient Express でしたが、残念
ながら、その終着のSingapore Station は6月に廃止され、ウッドランドと言う駅が代りを
務めているようです。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
宿の抽斗 ブログトップ