So-net無料ブログ作成
検索選択

うすい [旅の抽斗]


117 (600x392).jpg



私の頭のことじゃなくてこのアルベロベッロ駅近くにある滞在したホテルの壁の話

欧米を旅すると必ず真夜中に目が覚めてしまう私たち夫婦
そんな時はまずトイレへ行き無理に眠ろうとせず旅の寸評などを話します
そうしてる内にウトウトし始め明け方まで眠るのがいつものパターンです



115 (400x255).jpg



しかし、この夜はいつもとまったく違う状況に私たちは置かれていました
夕食前の荷解きの時から気になっていた両隣から発せられる音
あまりに鮮明としていてすぐに壁の薄さが原因だと悟ります
ベッドの頭側が隣のバスルームだったということで音源は省略です



118 (400x264).jpg



結局明け方まで眠れず両隣が起きたと思しき頃合を見計らってシャワーを浴び
朝食前の散歩で頭を覚まそうと出かけたのが写真の駅です
どうやら学生さんたちの登校時に出会ったようです
家族の車で送ってもらい決して逃してはならないローカル線をひたすら待ってました



125 (600x400).jpg



少々眠気の残っているまま気をとり直し朝のトゥルッリ散策へ
ご覧のとおり加工しやすい石灰岩をこのようにスライスして積み重ね
綺麗な円錐に仕上げていくところなど
日本の萱葺き屋根にもどこか通じるものがあります
伝統工法を受け継ぐ職人さんは少なく今では多くのアルバニア人が修行中だとか



144 (600x393).jpg



現在では実際このトゥルッリで生活している世帯は減少傾向にあるとか
主に土産物屋やレストランを生活の糧にしていたり民泊用に貸し出したりしており
日本のTVで紹介されたという日本人女性が嫁いでいる土産物店へも立ち寄りました
今回のガイドさんといいイタリアで長年暮らす日本人女性の逞しさも垣間見た旅でした



135 (400x247).jpg


143 (266x400).jpg


151 (400x262).jpg


154 (400x261).jpg


147 (400x267).jpg



それにしても人の映り込みを気にせず写真が撮れる世界遺産も珍しいですよね
鉢合わせた団体さんといえば同じ宿にいた日本人観光客くらいでした



145 (600x400).jpg



149 (600x393).jpg



さて、そろそろ出発の時間となったようで
次ぎなる世界遺産へ向けたバスが待つホテルへと戻ることにしましょう



155 (450x293).jpg



153 (600x398).jpg


nice!(28)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

トゥルッリ、トゥルッリらら [旅の抽斗]



047 (500x326).jpg



割高を承知であえて日本語ツアーを選ぶメリットは何か?
大雑把なイタリア風土にあっても日本人ならではのきめの細かさがあり
それがなんなのか今回の旅において妻の一言で再認識したのでした


ガイドさんがきちんとトイレタイムと場所の管理をしてくれること


老若男女、海外ではやっぱり優先順位の高い案件なのです
世界有形遺産に登録され続けるため確か公衆トイレの設置項目があります
日本はまだまだ不十分だと当該自治体は設備拡充に努力しておりますが
世界遺産だらけのイタリアは果たしてどうなのか?
大きな声では言えませんが質・量ともに問題多しです



071 (600x397).jpg



そんな日本語日本人ツアーはナポリ中央駅から始まります
何処からともなく大きなトランク引っ提げきちんと時間前に全員集合
皆さん歳も近そうな個人旅行中のご夫婦やお友達同士の方々で
インターネットを屈指して自ら旅の計画をたて実行するツワモノです



070 (400x264).jpg


082 (400x267).jpg


097 (400x266).jpg




ナポリを南下していくとまずポンペイ遺跡を通過しそしてソレント半島へと入ります
ソレント、ポジターノ、アマルフィ、ラヴェッロなど風光明媚な小さな町が
半島外周のサーキット道路沿いに展開しており
F1ドライバー並みのプロドライバーの運転技術とともに心を惹きつけます



086 (600x400).jpg



093 (600x400).jpg
突堤の真向かいにある建物は前回宿泊した旧修道院のホテル



くるりと半島を制覇してもアルベロベッロへの道のりは遠しですから
中間地点の給油所で必須かつお決まりのトイレ休憩です
辺り一面風力発電のプロペラだらけなこの地域は日照時間にも恵まれているようで
所々で大規模なソーラーパネルが設置され始めていました



103 (500x323).jpg



道の彼方に水平線が見えたらアドリア海に面する港町バーリが近づいた報せ
手前で右へ逸れて下道を一路トゥルッリ(Turulli)の町へ
もともと農民の住居兼倉庫だったという朽ちた小さなトゥルッリを畑の外れに発見し
ようやくアルベロベッロへ到着の実感が湧いてきました



105 (600x399).jpg



ホテルでの荷解きもそこそこに夕食のレストランへ徒歩で向かいます
途中所々で三角柱の屋根が姿を現しますがなぜか感動が伴いません
そんな私の気持ちを察してなのかガイドさんの一言が静かな町に響きます

こんなもんじゃありませんからね!



106 (600x400).jpg



市庁舎広場を横切った展望広場に立った時眼前に広がる景色
トゥルッリ、トゥルッリのこれでもか登場で一同撮影突撃に入ります
そしてなぜかツバメの大群が我が物顔で飛び交う夕暮れの空
「明日の朝もう一度ここへ来ますからレストランへ急ぎましょう」
再びガイドさんの声が人気のない空間に響きます



110 (600x391).jpg




具沢山に慣れ親しんでしまった私はやっぱりパスタは日本が一番だと確信しながらも
同席者皆さんの海外旅行武勇伝を聞きながらの楽しい夕食でした




111 (600x392).jpg



レストランから一歩出るとなぜか外は淡いピンク色に
帰り際再び先ほどの展望広場へ戻るとその謎解きが



114 (600x391).jpg



観光シーズンの狭間なのかこれが普段の様子なのか
市庁舎広場はご覧のとおり、人っ子一人だけ歩いてました
お腹も大きくなるとさすがに長旅の疲れがドッと押し寄せ
時差ぼけを引きずっていた私たちには絶好の爆睡チャンス到来か
世の中そんな甘いもんじゃないと思い知るそんなローカルホテル滞在でした


nice!(27)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

卵の殻が割れなかったから [旅の抽斗]



044 (600x391).jpg



チップの習慣はいまだじっくり根を下ろしていなかったイタリアでは
ほんの少しの心付けでもたいそう喜んでくれる人が多いのです
反面、観光客に人気のある店にはちょっとスレたのも居たりして
そんなときはしっかりサービスの値踏みをさせていただきます



056 (600x400).jpg



040 (600x400).jpg


心地よい海風に誘われるまま入場フリーの卵城へと入ったのが
日没が8時近くの夏時間となってまだ陽も幾分高い夕方
マジックアワー狙いと思しきまばらな観光客以外に
海沿いの大通りパルテノペからすでに人影は消えていました


026 (550x356).jpg


この時がダブル主役で一番幸せな瞬間なんだなと
先週34回目の結婚記念日を迎えた私たちです
流行りのドローンを使っての記念動画撮影をしてました


038 (600x395).jpg


ナポリは地中海クルーズの寄港地としても大人気
一度は試してみてもいいかなと思いつつもまだ早いなと
何が早いネンと独りツッコミながらしばらくボーと眺めていたワンシーン
景色は変われど一か所に缶詰はやっぱりキツイかなと我に返ります



042 (600x396).jpg



この城の頂から見える360度のナポリ・パノラマ風景を見ずして
死んではいけないのだと先人たちが語っていたのでしょう
青の洞窟でお馴染みのカプリ島とヴェスヴィオ山のデュエットは
暫し立ち止まっているのに充分値してました



064 (400x267).jpg



IMG_0832 (400x300).jpg



明日からシチリア島タオルミーナでG7サミットが開かれます
晩餐会では地中海の幸がふんだんに振舞われることでしょう
G7にあってイタリア人と日本人だけが日常食すタコ
果してメニューに登場してくるのでしょうか


041 (600x400).jpg



036 (600x394).jpg


間もなく閉場の時間となって来た道をゆっくりと戻り余韻を楽しみます
今宵の晩餐は卵城前のヨットハーバーに隣接する老舗
19時30分開店はこの国では早く珍しいほど
食文化に関しては我が道をひたすらゆく粉モンの国イタリアです



065 (600x392).jpg



さあ、明日は前半戦のハイライトであるアルベロベッロへ向かいます
中央駅集合の日本人専用1泊2日の現地ツアーに参加して
陸路長距離バスにてかつて訪れたアマルフィーを経由し
長靴を横切ってヒールの根元まで走ります



IMG_0815 (500x375).jpg

nice!(27)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Lonesome㈳は二度死ぬ?のか?? [旅の抽斗]



034 (600x397).jpg



See Naples and die


もうちょっと叙情的表現はないものかと思いつつ

4年ぶり2度目に訪れたナポリのサンタルチア湾はこの日も天気晴朗波低し

五月初旬のナポリに吹く風は涼しく朝晩は肌寒いのでした



IMG_0824 (500x375).jpg



前回のナポリ観光はほぼバスの車窓見物だったので

アルベロベッロへの玄関口としてどうしても徒歩観光しておきたかったのです

が、ここは一番気を引き締めておかねばならぬと

ローマのホテル出発時にベルキャプテンからそう忠告されていました

海外旅行で気を張るのがセキュリティ部門

毎度の事ではありますがさらに南イタリアモードへレベルアップします



004 (600x400).jpg



男子のふんどし、海ではその六尺の寸を生かし解けばフカ除けになったとか

ならば同じ寸の私にそう簡単に触手を伸ばす輩は居なかろうと思いつつ

獲物のバックパックにはちょっとした小細工を施します

比較的小柄な南イタリア男子の中においてスリスリさん達も恐らくそうであろうと

作業時間と位置を嫌がるようにしていれば防御強度はアップします



014 (600x400).jpg



一日中交通渋滞の激しいナポリ中心部からトラムが姿を消していました

現在一部路線のみの運行らしく車社会に追いやられてしまった恰好です

ならば徒歩でと名所旧跡は殆どカバーできてしまうコンパクトな町

昼食は勿論ナポリ名物モッツァレラたっぷりのマルゲリータにカプレーゼ

そして水みたいに安くそこそこイケてるワインたちです



025 (397x600).jpg



イタリアのタクシーはあの悪評から脱皮しながらイメチェンを図っています

事実ミラノやローマでは主要空港までの運賃が均一化され

両サイドのボディに掲げられている運賃掲示ホワイトボードがその証です

それに引き換えここナポリはまだまだ発展途上

行きのホテルまではどうやらメーターどおりだったようで

帰りの駅までは運転手から行きの料金に€1プラスアルファを領収書らしき紙に書き渡され

これでオーケーかと聞いてきたのでいいよと取引成立



012 (600x400).jpg



ホテルを出てすぐ朝の出勤渋滞につかまるものの

ここからこの€1が大きくモノを言うことになり

ナポリの抜け道を知り尽くしたかのような見事なハンドル捌きで

映画の逃走シーンさながらのはらはらドキドキの連続

おかげで予定よりもずいぶん早く中央駅へ到着できて思わずブラボーと

妻に声をかけられたドライバーはニコニコ顔で料金を受け取りました



001 (600x391).jpg



観ずにはこの世を去れないナポリの絶景とはいったい

最初の訪問時は小高い丘から見下ろすヴェスビオ山をバックにした町の光景かと

そう信じて疑わなかった私でした

今回サンタルチア湾を目前の立地に佇むホテルのバルコニーに立ったとき

湾へ突き出すあの要塞の頂から眺める景色が無性に観たくなったのでした



031 (600x400).jpg


nice!(26)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

欧州南北縦断紀行 [旅の抽斗]


140 (600x387).jpg



GW明けの帰国後も用事で急遽大阪へ行ったりしたため

旅行記の投稿になかなか取りかかれませんでしたが

それでも母の日を墓前で過ごせたので結果はオーライでした



230 (600x400).jpg



今回は欧州の街二ヵ所をベースキャンプとした旅

以前同行したツアー旅行者間で好評だった北欧ヘルシンキ経由を利用し

次の経由地南欧ローマへ入りさらにその南を鉄道で目指すというものです

好評の理由は乗継時間の短さと最終目的地までスルーな預入荷物

いままで夜中近くのチェックインだったローマのホテルへも

現地の夕食時間には辿り着けるというオマケつきです



IMG_0807 (550x408).jpg



Fin Airがワンワールドに加盟したことで日本発欧州ツアーにおいて

JAL直行便がない場合このヘルシンキ経由ルートの使用頻度が高まり

GWと相まって多くの観光客で満席状態となっていました

特にシニアカップルの姿が多く見受けられ

Air&Hotel形式での自由旅行動が増殖中とのことです



008 (600x400).jpg



IMG_0836 (400x299).jpg




鉄道移動と現地ツアー参加の味を完全に占めている私たち夫婦も

ローマのベースキャンプ・ホテルに大きな荷物を残し

二泊分を引っ提げ4年振りのナポリで一泊

そして現地ツアーに参加して妻のいたっての希望地

アルベロベッロでもう一泊してローマへ戻るというコースを

旅前半のハイライトとしました




156 (600x394).jpg




休息のためのブレイクでローマにて二泊したのち

空路フィンランドのヘルシンキへ戻って一泊

翌日はこれまた現地ツアーに参加し大型豪華フェリーで

対岸の国エストニアの首都タリンへ後半ハイライトの日帰り旅行です

翌帰国日は夕方の便だったのでチェックアウト延長を願い出て

空港へ向かうまで目一杯ヘルシンキ市内観光も楽しむことにしました



251 (600x400).jpg




妻のアルベロベッロ行きリクエストをここまで膨らませたプラン

我ながらよくできましたと褒めてやりたい気持ちです

二十数年前にヴェニスやトリエステから見たアドリア海を久し振りで眺め

そのすぐ隣の国スロベニア出身でオーストラリアからの単身旅行者と

タリン観光ツアーで知り合い仲良くなったのも何かの縁

初夏の南イタリアの陽気を楽しむ傍ら粉雪舞うヘルシンキをブルブル散策と

まこと出会いと話題満載の欧州南北縦断紀行、ぼちぼちいきます



326 (600x400).jpg

nice!(29)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

夜市の明洞 [旅の抽斗]


005 (550x362).jpg


韓国一の繁華街にもはや昔の面影はなし

ロードサイドのお店は昔のままなのでしょうけど

真ん中かが台北を彷彿とさせる食べもんや三度笠状態

以前訪れたときはコピー商品を含む服飾品の羅列だったはずがこの様変わり

揚げ物の油臭十字砲火を浴びながらの散策は食後の胃には酷でした



011 (550x367).jpg

ソウルフードの四天王、トッポッキ!!&トッピング!?


006 (550x357).jpg

ポテトのような気もするのですがね



016 (550x357).jpg

処変われば焼き栗の作り方も

007 (550x367).jpg

おっちゃん、一杯引っ掛けながらええな


009 (550x367).jpg

焼き芋だってこのとおり壷ですからね


012 (550x276).jpg

通りで一番人気だったようなエッグタルト風


ミョンドン・アート群、看板キャラで何屋さんか想像してみたください

013 (550x367).jpg


014 (550x367).jpg


015 (550x339).jpg


022 (550x366).jpg

商品よりもおばさんの重装備に目が行きました
これは確か私がNGの内蔵系だったような

019 (550x367).jpg

〆はおそらく大阪から伝播のキャベツ焼き風
そう言えばJR天満駅前のキャベツ焼き屋さん、なくなっていました


018 (550x367).jpg

お口の恋人でお口スッキリ
C国に叩かれまくってますが必死で頑張ってるすっかり日系な企業ビルでオシマイです


GW狭間の本日から再びチョイ長の旅へ出てまいります

目指す場所は欧州の三ヵ国で初体験のルートを使っての移動で

途中以前味をしめた陸・海鉄分を随所で補給しながらの旅となります



では、皆さんよい休日をお過ごしください


nice!(29)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog