So-net無料ブログ作成
検索選択

トリビア・デ・オオサカ [食の抽斗]



以前から大阪の街にやたらとパン屋さんが多いなと

感じていた私の大いなる疑問に答えるかのように

先日JR車内モニターに映し出されたマリオクイズでした



食パンの製造日本一の都道府県はどこ?



菓子パン製造と並んで勿論大阪府が全国一位とのことでした

そう言えば週末の大阪・地下鉄車内で

パンらしきモノが入った同じ店名ロゴ入り紙袋を持った人を見ましたよ

今大阪では大人気の食パン屋さんだそうです

大阪人はこれを3~4枚切りの厚さでトーストにし

自宅モーニングを楽しんでいるようですよ

恐るべし、粉モン文化です



恐るべしと言えば大晦日と初売りのウメ地下です

荷物を持って歩くのがやっとでまわりを見渡す余裕もなかった前回と異なり

香典のお返し(満中陰)の品を物色するのと同時に

改めて大阪のデパ地下をキョロキョロする余裕と空間がありました



すると何とも不思議な光景が眼前に広がっているではありませんか

至る所でお姉さんたちが満面の笑みで試食に誘っています

ごはん片手にプラプラやれば立派なフルコースの出来上がりです

おまけに商品サイズ並みにカットされたチョコレートまで登場で

さすがにここは大勢の人だかりとなってました



極めつけはよく土産を買う和菓子屋さんです

あちこちに支店があるこのお店は購入金額にかかわらず

会計待ちの間に必ずお茶とお勧め商品の試食を出してくれます

まさかデパートの店舗でもやっているとはさすがオオサカ

口が肥えるのも無理はないとつくづく実感です



大阪での旅行中にもし小腹が減り、そして近くに百貨店があったら

迷わず地下食料品売り場へ直行することをお勧めします


nice!(36)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ぼちぼちですか [独り言の抽斗]



 

001 (500x315).jpg



担当医からのドック検診速報解説が手短に済み

取り立てて心配するような結果ではなさそうな今年のドックでした

身長が1㎝も縮んでしまったことが非常にショックな私を

重力というものが存在する以上仕方ありませんねと笑い飛ばす担当医でした

他方、青年化を狙う血管は50歳の壁を破ることができず

サバの水煮作戦継続の必要性は可なり大となりました



 ということで今週は会議後の懇親ランチを終えると直ぐ退社し

愛車を定期点検のためディーラーへ落っことしてから

そのまま再び大阪へやって来ており、本記事は従って予約投稿となっています



着物をこよなく愛した母が私と妻に残してくれているという

結城紬の反物を長姉から受け取りがてら

彼女の慰労昼食会と来る四十九日・納骨法要の打ち合わせを兼ねた帰阪です

あっ、それともう一つ、買ってまだ4年も経ってないのに

コンプレッサーが完全にイカレてしまた渦中のメーカーの冷蔵庫修理立ち会いもあります

幸いこの部分の修理に関してはメーカー5年保証が付いてるので無償だそうです



洋服一辺倒な人生に和服のアクセントが欲しくなってきた年頃

お正月くらいはいっちょ着てみようかなんて思ったりしてます



そしてそのお正月、今後はおそらく過ごすことのなくなった大阪

完全撤収へ向けそろそろカウントダウンの開始です


nice!(28)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

とその前に年中行事をば [健康の抽斗]



人生の衣替え、達成するためにやっぱり最重要項目となるのが

健康体を維持していくことであるのは間違いありません



今年もやってまいります一日人間ドック検診を明日に控え

既にセーブモードへとスイッチ切り替えて事前準備も開始です

検診の事前準備先鋒と言えば二日に亘るベンベン

こんなもんで分かるんかい、なんて決してベン・軽視してはなりません

しっかりツンツンしてあげることで精度はかなりアップだとか



しかしここで一つ要注意、とまたも毎年使っているネタの披露で

ウォシュレット・リモコンの「自動流水」はくれぐれもOFFにです

近頃電池が消耗していたせいなのか、勝手にONとなってジャ~

せっかくの努力も水の泡となって大きくベン・ハァ~と溜息つかないためにも

バッチリ電池交換し動作確認を行ないました

運悪くお食事中の方がいらしたのなら本当にごめんなさい



この一年間の取り組みは尿酸値減少はもとより

血液サラサラ、血管万年青年化での未病でした

そして急遽一昨日からの付け焼刃的サバの水煮追加大作戦で

いかなる効果が発揮されるのかほのかな期待を抱いております



ちなみにこのサバの水煮、スーパー陳列棚から一時的行方不明だと

在庫多数の醤油煮缶の最後部に紛れ込んでたラストワンを

職業婦人の第六感とやらで見事ゲットしてきた妻からの報告です

早速一昨日の夕餉に並んだはトマトソース煮であり

昨夜は短冊大根とのレモン汁ミックスサラダでした



ローマは一日にして成らず

健康もこれまた然り、ならば潔く審判を受けるといたしましょう


nice!(29)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

未来予想設計図Ⅲ- ページ1 [住の抽斗]



 

032 (500x333).jpg



 たまに観るNHKBS旅番組のタイトルに

とても懐かしい地名が登場したものだから

すかさず妻が録画したものを後日二人で観ました

「風の街、トリエステ」

スロベニアとの国境にある小ウィーンと称される

街も人もイタリアっぽくない不思議な場所



この街で暮らす人々のモットーが

「なすがままに生きる、ビバ・ラ・エポ・ボン」だそうです

そう唱えながら仲間たちと楽しそうに時間を過ごす老人たちに

老後の暗い影など微塵もありません

元気なうちはこれでもいいのだろうけど...

続く言葉を暫し忘れ昔訪ねた素敵な街を懐かしむ私でした



現在の場所での居住年数がまもなく30年を迎えます

横浜のとある駅からさらにバスに乗ること20分弱

その昔大手デベロッパーが丘陵に開発した転居当時は大人気の住宅地

しかし今や住人の高齢化が顕著となり新陳代謝もかなり悪化して

典型的な斜陽日本式戸建住宅事情が垣間見れます



車を持つ子育て真っ最中ファミリーには最適な閑静住宅地

欧米の様に中古戸建住宅市場がいっこうに成熟できない傍ら

持ち家嗜好はいっこうに衰えを見せていない矛盾の典型ニッポンで

運転がままならなくなっては手助け無しで暮らしてはいけない

そんな空気を今の場所で強く感じ始めたのもシニアライフ再考察の動機です



まず優先順位筆頭株はなんといっても住居です

住環境を今更変えてしまう事にはかなりの勇気が必要です

でも、年齢とともに「着替える」こともアリかなとふと気づく

人生の衣替え



喪中だという事も頭から離れちょっとワクワクし出して早速ネットで検索開始

許せ、母上殿、もちろんあなたも一緒だからね


nice!(41)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

そして本当に誰もいなくなった [独り言の抽斗]



 

015 (500x333).jpg



2017-02-02号のタイトルがまずかったのか

私と同じ姓を名乗る私が知る限りの親族が

ついに大阪からいなくなってしまったという寂しい事実を

あらゆる角度から見つめ今後のことをあれこれ考察する日々



亡くなったばかりの母や先発隊の父の法要をはじめ

親族の冠婚葬祭で帰阪することはあるものの

これまでに比べれば格段にその機会が減少してしまいます



最後に横浜の自宅で迎えた新年はいったいいつだったのか?

毎年お節と土産を両手一杯に親と過ごすことが恒例化していたので

来年ははて?何年振りの大阪以外での正月になるのやら

妻に尋ねるも、さぁ~てどんくらいになるのかなと結局判明せず仕舞いです



026 (600x400).jpg



長期戦介護活動を見越して確保した大阪ベースも

四年を待たずして早やその存在価値が薄れてしまったので

両親の血を1/2ずつ受け継ぐ私にとって

残されたであろうおよそ30年強の残り人生の新たな設計に

組み入れられること確実となりました



早いのか遅いのかは別として

親という存在が急に自分から離れていってしまった今

最近準備した近代仏壇と母の遺骨の傍で

早速妻と二人で過ごす今後のシニア生活設計に着手する私です


nice!(33)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

知ってしまったあの秘密 [隠れ家の抽斗]


 

005 (600x400).jpg



横浜へ戻る日曜日の行動は判を押したように決まってます

朝寝もせず早起きして掃除・洗濯・片づけなどなどのあと

星野温泉トンボの湯へ再び朝風呂入りに行きます

別荘の民の入浴料は通年特別割引でしかもこの時期駐車場はタダ

併設のホテル宿泊客は勿論フリーでしかも一時間早く入場できるので

脱衣場はこの時期でもけっこう色んな裸がウロチョロです



024 (500x332).jpg



そんな集団の一角に私の目がロックオンされたのは初めての経験

温泉のレンタル・バスタオルを腰に巻いたまま

何やら意味深げな様子ではあるものの楽しそうに話し込む集団

どう見てもこれから風呂へ入ろうとするアンチャン達

C国語らしき言葉で掛け合いながらも中々風呂場へ行こうとしません

傍に立つ風呂上がりの私の存在がどうやらかなり気になるらしい



ところで、男子の場合裸の見せ方にはいくつかパターンがありまして

年齢と共に隠す部分が減少していくのも統計的には事実のはずです

時折り私のように若い頃から開けっ広げの無防備な体育会系は例外として

正常な男子なら大切な部分はタオルで覆い隠しながら移動するのが常です

もう少しナイーヴな男子でもせいぜいタオルを腰に巻くことまででしょう



020 (600x398).jpg



それがどうしたことか、シャイなC国ボーイズ達はバスタオルを巻いたまま

入ろうかどうしようかと脱衣場で躊躇したまま動きません

あろうことかその内の一人がそのまま風呂場の方へ行ってしまいます

それを確認してようやく私の目の前でパンイチになれた連れが

受付で渡されたのであろう「風呂の入り方マニュアル」を片手に

他の仲間へ何やら伝えようと話しかけはじめました



これは新年早々オモロイもんが見れそうやなと

わざと超スローモーションで着替え支度する私

とそこへ案の定先ほどのバスタオル巻男君が小走りに戻ってきました

もちろん、先ほどと同じタオルを巻いたまんまの状態でです



029 (500x333).jpg



もうちょっと時間稼ぎしたい衝動に駆られながらも時計を見ると

妻との待ち合わせ時間が迫っていたので泣く泣く撤収することに

で、さっきのパンイチにいちゃんですが

戻ってきた巻男君によっしゃ~みたいな掛け声をかけ

ついに最後の砦を引き摺り下ろした、かと思えた瞬間でした

芸人さん顔負けの瞬発芸でタオルカバーし風呂場へと消えていきました



後ろ髪ひかれる思いで脱衣場を退散しかけたところ

風呂場へ行ったはずの高速パンイチくんが再登場します

どうしたん?と再び彼へと惹かれる我が視線の先に

ガードは守ったまま慌てて靴下を脱ぎ棄てる彼

ちゃんとオチ付けてくれるあたり、才能大やと大笑いでした



031 (600x376).jpg



尖閣諸島問題解決にはまったく別のアプローチが有効かもしれない

そんな確証を得たかのようで厳冬の温泉場を後にしました


nice!(27)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

シャッター通りと独り占め [隠れ家の抽斗]



 - 先週分にと書き始めていた記事を引続き掲載します -


011 (600x399).jpg



驚きの光景を目の当たりにしてもやっぱりちゃんと空いてくるお腹

冬場の休業がかなり目立つ通りを走り通年営業のお店へ

案の定ほぼ貸切状態の店内を見渡しこの地での商売の難しさを知ります

後ろから「おお、今晩予約が1件入りましたよ」と喜ぶスタッフの声

繁忙期に一年分稼がなきゃやっていけないんだと

よく夕飯を食べに行く店の店主の口癖です



商売人には大変申し訳ないと充分知りつつも

人気店を独り占めできてしまう贅沢が楽しめる

そんな真冬の軽井沢をこよなく愛する私です



021 (333x500).jpg



それでも近年私と同じような楽しみ方をされる民が増殖中なのか

真っ暗闇の中あっちにポツリこっちにポツリと

仄かな明かりが森へと漏れ伝わってきますし

会社の保養所ともなると年中煌々と明かりが灯っています

社員とその家族の人気度の高さがうかがえますね



これまでに意外と登場しなかった試みとして

1-3月クールで真冬の軽井沢を舞台としたTVドラマが始まったようです

こちらの影響は如何に?と、こればっかりは視聴率に連動でしょうか

ロケ場所はかなり限定的と見受けられ(しっかりチェック入ってますよ)

人払いをあまり必要としない時期のアドバンテージを

あまり上手に生かし切れていない感は大です



004 (600x394).jpg



2月に入ると最大の閑散期を迎え町は暫しの冬眠状態です

通年営業を目指す多くの店舗もこの月にまとめて休業を取るようなので

計画性を欠いてしまうと夕食難民にも成り得てしまいます

ホテルやショッピングプラザの飲食店へと選択肢は狭まるので

こういう時こそ地元の気になる通年営業店にて

少々顔を売っておくのも一つの手です



今月半ばにもう一度と計画をしておったのですが

急遽大阪行へと振替えて

四九日と納骨の法要準備に充てることになりました

その分年中賑やかな大阪の旨いもん店が今から楽しみです


nice!(24)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

そして誰もいなくなった...、のかな? [趣の抽斗]



 

017 (620x413).jpg



最高気温ですら氷点下となるこの時期のこの場所

雪の予報でもでた日には車も人も町からいなくなり

静寂だけが凍てつく寒さの中に残されるのです

以前は滑るための中継基地としてせっせと通って来た真冬

今ではその寒さと静けさの中でくつろいでみせる楽しみを覚えました



仕事を終えてから真冬の長距離運転は少々身に沁み

特に碓氷峠を越えた高速道路出口からの道には神経を使います

しかしそこはやっぱり4WD+スタッドレス

完璧ではないにしてもこれで不自由なく移動できてしまうのです



002 (600x400).jpg



予報に反して降る雪のない町中はそれでも行き交う車はなく

外気温の氷点下表示だけが薄暗い中でやたらと主張してきます

予め管理人さんに粗方の除雪をお願いしてあったので

昨年の様な悲劇には遭遇せずすんなりと車庫に入れました

普段はかなり寒がりの私ですが不思議と氷点下には強い耐性を示します



翌早朝、屋根から滑り落ちる雪の大音響で目が覚め

外を眺めればしんしんと降る雪が新たに10㎝ほど地面を上昇させていました

デッキの雪掻きだけはやらねばと朝から筋トレさせられたおかげで

朝風呂の有り難味も倍増の1/3小原庄助でした



009 (600x400).jpg



紅葉の季節がベストだという一般評価にはまったく異論はありません

でも、誰も寄り付くことをしなくなった雪の雲場池はマイベストです

新しいレンズを試しがてら、きっと二人占めできるよと勇んでやってきたものの

まさかの光景に遭遇することになるとは



おそらく降り積もった雪は初体験と思しきC&T国のみなさん

どこで私の秘密情報を仕入れられたのか恐るべしSNS

タクシーで駆けつける兵たちも参戦で思わぬ経済効果か?

ストーブリーグの穴埋めをするのはやっぱりこの方たちでした



新婚旅行?のカップルに家族一個連隊、そして女子会と

間違いなく個人旅行のリピーターさん達

雪の厳寒軽井沢を満喫するというコト消費へと

インバウンドの嗜好は確かに新たな方向へシフトしているようです



007 (600x400).jpg



*********************************************



この記事を1月25日予約アップの予定でおりましたところへ

前夜遅く姉からの電話で母の訃報を受けました

しばらくベットの上で色々とシュミレーションを行なったあと荷造りも終え

早朝出社して仕事の段取りを終えそのまま帰阪した次第です



大阪で運悪く風邪をこじらせてしまい最悪のコンディションでしたが

今月曜日からなんとか現場復帰しております

ようやくブログへ向かう時間と体力(?)が回復しました

記事は当日のまま掲載させていただきましたのでご了承ください


nice!(33)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog