So-net無料ブログ作成
検索選択

追憶、オバマさん‐首都なのに [旅の抽斗]



 

013 (620x413).jpg
立入り禁止となった合衆国議会議事堂



アメリカ広しと言えど果してその人気ランキングや如何に?

今回の旅は何かと歴史に残る大統領選の興奮冷めやらぬアメリカで

現大統領オバマ氏の足跡を辿るということを大義名分に

来年1月のトランプ新大統領就任準備が着々と進む首都ワシントンDCと

オバマ大統領の地盤でもあるお気に入りシカゴを5泊で訪ね歩くものです



010 (620x411).jpg
中央木製ステージにトランプ新大統領が立ち就任演説を行なう



現在ワシントンDCまでの直行便がないJALにて最短で辿り着くには

まず成田からテキサス州ダラス・フォートワース空港へ飛び

アライアンスメンバーのアメリカン航空に乗り換えます

2時間強の乗り換え時間とESTAによる事前入国申請登録があったにも拘らず

2度手間入国審査と弱少税関検査場のおかげでハラハラ・ドキドキの乗り換え

なんとか滑り込みセーフで搭乗できたというハプニングで始まりました



011 (620x413).jpg
議会議事堂側から見たワシントン記念塔



さて、日ごろ耳にするこのワシントンDCの正式名称は「コロンビア特別区」

Washigton, District of Columbia で

コロンビアはもちろんあのコロンブスがその名の由来となっています

シアトルがある西海岸のワシントン州と間違いやすいですね



044 (620x413).jpg
対面のリンカーン記念堂側から



ワシントンDCは超大国アメリカの首都なのに人口わずか40万人の小さな街

昼間こそ60万人に膨れ上がるそうですがそれにしてもちっちゃい

だからワシントンDCには空港がなくお隣のヴァージニア州にある

ワシントン・ダレス国際空港かロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港を利用します

ちなみに日本の空港や自衛隊艦艇に歴代総理大臣の名が付く事はありませんが

プーチンさんとの首脳会談結果次第では山口・安倍晋三空港誕生か!?



014 (620x413).jpg
ホワイトハウス前はご覧のとおり封鎖中



市内の公共交通移動は6路線のメトロ地下鉄かバスになりますが

首都なのに決して便利な移動手段とはお世辞にも言えません

だからでしょうか、ワシントンDCの人たちは実によく歩きます

そしてその上歩くスピードが半端なく速いんです

その成果でしょうか、最も痩せている州全米第2位なんだそうですよ



019 (620x412).jpg
ホワイトハウスへのセキュリティーゲート
後ろに見える白い建物がホワイトハウス



もうひとつ市内を歩くとすぐに気付くことは

首都なのに高いビルが一つもないということです

ワシントン記念塔や合衆国議会議事堂より高い建物の建造は禁止されており

古い町並みを保存する意味でも景観条例はきっちりと定め守られています



018 (620x412).jpg



スマートな人々からはどことなくオーガニックな香りが漂い

大国の政を司る機関が集中するこの特別区の中で

今回滞在したジョージタウン地域は夜でも安心して外出でき

ファストフード店の姿をあまり見かけることはなかったです



056 (620x405).jpg



到着日はコンシェルジュで観光情報を入手したのち

早速最新メトロ路線のシルバーラインに乗ってお隣ヴァージニア州まで

ワシントンDC名物Crab Cakeを食べに行ってきました

カニクリームコロッケではなく正真正銘蟹肉塊のコロッケです



いよいよ来年1月の主交代準備に忙しいワシントンDCの様子をお届けします


一大セールの裏側潜入 [多事の抽斗]



 

088 (600x398).jpg



前号でブラックフライデーについて触れましたので

今回の旅の本題へ入る前にもうひとつご紹介しておこうというのが

その一大セールを含む米国における消費者サービスについてです



普段私たちが行う消費財の買物において未使用であれば

期間限定で返品交換を認めてもらえるケースは多々ありますね

これがアメリカでの一場面となると我々日本人の想像をはるかに超えてしまいます



092 (500x331).jpg



今回のブラックフライデー・スペシャルセールでは自分の物は勿論ですが

来るクリスマスプレゼントを求めて深夜から店に繰り出す人も大勢います

プレゼントにセール品はちょっとなんていう心配は米国では全くご無用

なにせそのプレゼントの数たるや膨大なものとなってしまうので

少しでも懐にやさしいものをということでセール品は打って付けなのです



さて、ここで日本的常識を持ち出すと殆どの場合セール品の返品交換はご法度です

しかし、アメリカでこの常識を持ち出そうものなら大ブーイングが起こってします

ですからセール品であろうがアウトレット品であろうが

商品タグが付いていて(衣料の場合は)レシートさえちゃんとあれば

90日以内なら返品交換OKなんて店さえ登場する有様です。



038 (400x600).jpg



では、プレゼントされた商品はどうなのかとここで大きな疑問が生まれます

貰ったものの色やデザインがどうも気に入らないなんてケースは沢山あり

日本だったら家族や友人に譲ったりすることもあるのでしょう

しかし、ここはさすがアメリカ、究極のサービスが存在してたのです



実はお店によってはなんと金額を伏せたレシートを発行し

それを購入者はプレゼントと一緒に相手に渡す!

貰った人はこれで正々堂々その店へ出向き商品の交換が可能となる

さすがに返品は受け付けてもらえないにしても

これがアメリカの消費社会の裏側なのです



アメリカらしいと言うか何というか

今回の旅のとある店の店内放送を聞いて思いついた記事でした


ブラック・フライデー [社っ長ょぉ~の溜息]



 

093 (600x397).jpg



今日初めてこの言葉を耳にされた方、さぞや多かったことでしょう

なんだかよくわからないけど前倒しでセールやってるぞと

流れで思わぬ消費活動に駆られたのではないでしょうか



一昨日米国の旅より無事戻り、さてその関連記事をと当然考えていたところ

今朝の電車内で表題に関するニュースが流れていましたので

これは早速突っ込まないといかんわと、急遽記事内容変更です



IMG_0704 (600x450).jpg



アメリカでは11月の第4木曜日を祝日として感謝祭を祝います

宗教色が年々薄れていくもののご馳走を囲んで家族や友人が集う

日本でいうところの正月に値する大切な年中行事なのです



実家を離れちりちりバラバラとなった家族メンバーが各々移動するため

日本の年末年始同様に感謝祭を挟んで空港や道路は大混雑です

行きの便でも大勢のアメリカ人と思しき乗客が搭乗していたり

案の定、今回使用した国内線の発着空港も大混雑でした



IMG_0705 (600x432).jpg



詰め物をした七面鳥とアップルパイで大人気に祝った翌日から

今度は本格的にクリスマス商戦が始まるわけで

とりわけ感謝祭明けの金曜日は午前零時から開店する店も多く

休暇中の大勢の買い物客でごった返すのです



大恐慌が始まったブラックマンデーに引っかけ

儲かって黒字になるということから付いたそうなこの名前を

個人消費喚起の起爆剤に使おうとその背景をなんら説明するでもなく

単純にパクってその効果にあやかろうとするなんでもアリのニッポン

果してその効果や如何に?



IMG_0713 (450x600).jpg



勤労感謝の日という同類の祝日があるのだから

せめて少しでもオリジナリティーを残すためにも

その翌日からセールを始めるという頭はなかったのか?



ちなみにこのブラックフライデーを控えた小売店では

目標の品定めをする客が多く訪れるといい

それを狙ってプリ・セールを試みるものの

どうやら財布の紐はかなり固く閉ざされ効果薄のようです



094 (398x600).jpg


Holiday Season [食の抽斗]


IMG_0706.JPG
結果がどうであれ、家主が代わるのだから
その準備は進めなければいけない。

首都は物々しい警戒の下、あちこちで工事中の
通行止めに遭い勝手が悪い。

しかし、最大のイベント感謝祭を間近に控え
人びとの心はすでに故郷へと向かう。

そして、街はもうクリスマス一色
さあ、私も帰るとしますか。



渦中のあの場所 [旅の抽斗]



 

040 (600x397).jpg



ギリギリまでかなり思案橋ブルースでしたが

母の容態が落ち着いたということで本年最後の遠出を本日決行で

再び一週間ほど留守にします



安倍さんとは別行動ですが同じ方向を向いておりニアミスです

世紀のうっちゃりが予想できなかった興奮覚め止まない空気を直に吸って

今後のニッポン、いやいや、まずは今後の我が社の生き方を考察してみます



新大統領反対派が掲げる" Love trumps hate " のプラカードをもし見つけても

決して「トランプは嫌い」だなんて早計に呟いたりはしないよう肝に銘じながら

あの往年の大ヒット曲「最後に愛は勝つ」を口遊むことにします



またまた何のこっちゃな記事にしてしまったついでにもう一つ

25,079

4,878

いよいよフィニッシュのテープが視界内に入って

ボージョレーヌーボーと感謝祭です

前者で夜中に騒ぐ人がめっきり少なくなり

ましてや後者が我が国のメディアに取り上げらることなどないのでしょうね。

でも、今年はブラックフライデーをパクルと耳にしましたが果たしてどうか


やっぱ、これかな [独り言の抽斗]



 

016 (600x400).jpg



週一でぐずついた天気がやってくる晩秋のニッポン

一雨ごとに寒さも増してきていよいよ師走へと向かいます

と言いたいところ、連日暖かい日が続く横浜地方です



先週とあるランチタイムでのお話

かれこれ10年近く毎週通い続けている中華街のお店での一コマです

近頃ホールのスタッフにかなりの変動がありはしたものの

中華風にいうところのメンツがいまだしっかり保たれたおもてなしを受けるお店



750円の日替わりランチのごはんの盛りがイイ分

この日のおかずの量が珍しく見劣りしていることに私もすぐに気付きます

元々ご飯粒は昼間しか食べない私はその配分を考慮することになり

いつもより増量した一口分を口に運んでランチも半ばを過ぎた頃でした



当初より唯一残っている二人の中国人ウェイトレスさんのひとりが

私のところへやって来てスープのお替りはどうかと尋ねました

今日のおかずのボリューム減を承知の上での心憎い気遣いに

応えるだけの胃袋スペースはなかったので丁重にお断りして食事を続けていると

今度はもう一人の旧知のおばちゃんがザーサイのお替り小皿を

笑顔と共に強制的に目の前のトレイに置いていくのでした



さすがこの早業には笑顔でありがとうと返すしかない私は

おかげで茶碗に残った最後の二口の処理を楽々こなすことができたのでした



 この光景が難なく目に入った周りの席のお客さんたちが

どんな風に思ったかは知る由もありませんが

少なかったおかずの事など何処かへ吹っ飛んでしまったのは勿論で

大変気持ちよく午後から仕事に入れたのは言うまでもありません


大発見 [趣の抽斗]



042 (620x413).jpg



休日の様子しか知らない場所に平日居てみたいという願望

母には悪いけど今回の急帰阪で実現することになってしまいました



飛行機は毎度のことでドル箱路線の満席状態は同じで

おまけに大阪周辺行きのリムジンバスも満席で一本見送り

日帰り主張族の多いことと言ったらビックリです

ちょうど月曜日の出勤ラッシュアワーにぶつかるものの

こちらは日々の鍛練で難なくやり過ごしていきます



家に荷物を置いて一服の後いつもの商店街を通って駅へ向かいます

朝から地元民で結構な賑わいを見せるいつもながらの活気です

帰りの夕方も同じで今度は一杯引っかけましょかとネクタイ族が目立つ裏通り

土・日なら朝から長蛇の列ができる大人気寿司店はというと

おっと、誰も並んでないやん

インバウンドと域外人がどうやら行列の正体だったようでした



母の顔を見て一安心したらここはやっぱり繰り出しましょういつもの場所へ

土曜日予約なしでは遅くからしか入れない人気店も月曜なら大丈夫だろうと

18時30分に突入したら何とか席にありついたやっぱり人気のお店です

隣のおばちゃんやその連れのおっちゃんたちと意気投合し

店の大将一家交えて週末では味わえないひと時でした



母に会いに行く時いつも利用するのがJR大阪環状線と京都線

中でもこの環状線、停車駅の発車告知メロディーがちょっとユニークで

今回初めて気付いた大阪駅はあのたかじんの「やっぱ、好きやねん」です

全19駅にはその駅にちなんだメロディーが割り当てらていて

大阪駅を挟んで福島駅が円広志の夢想花と天満駅がaikoの花火

こじ付けも見受けられますが選考には大阪風味がたっぷりと盛られているのかなぁ!?

上田正樹の大阪ベイブルースが落選してるのにはちょっと納得いきまへんな!


季節の変わり目 [趣の抽斗]



 

011 (620x413).jpg



紅葉をたっぷりと楽しんでの帰路の高速道路

いつもより早めに出発してきたにもかかわらず結構な込み具合で

皆さん何処かしこで同じように楽しんで来られたんだなと話の最中

横川SA辺りで一本の電話が着信しステアリングのボタンで応答すると

母の異変を知らせる長女姉からでした



017 (620x408).jpg



この日の明け方施設から近くの病院へ救急搬送され

一時は心肺停止となったものの医師の蘇生処置で一命をとりとめ

予断は許さないまでも落ち着きは取り戻したという連絡でした

どうやら肺炎にかかった上、病院で自分の嘔吐物を誤嚥したのが原因らしいです



009 (620x413).jpg



休日の高速道路は私を含めどこもサンデードライバーの溜まり場と化し

案の定いつもより早くしかも多く事故が発生して大渋滞となり

結局5時間かかってようやく自宅へたどり着いた次第です

その後姉から電話が入ることなくメールで小康状態を確認したので

次の朝の便で急遽帰阪することにして母を見舞って帰ってきました



母の生命力といったらそれはそれは逞しいの一言に尽き

現在まだ酸素吸入はするものの意識は入院2日目にしてハッキリとしており

入院なんか嫌やと、はめられたミットを外してまで吸引器を取ろうとして

隣りのおばあちゃんに笑われたり看護師さんたちを困らせたりしているようです

予定では今月中には退院でき、無事新しい年も迎えられそうです



013 (620x413).jpg



先週末から明けはこんな風に強行軍となっていささか身体に堪え

疲れがどうやら眠れる親不知を起こそうとしたのでしたが

ホッとした後のお気に入りの店での一杯でそれも吹っ飛んだようです



023 (620x413).jpg



ということでちょっと引っ張り気味の雲場池の紅葉本編をお届けしています

紅葉が終わると本格的な冬が軽井沢にもやって来て

いっちょまえに2時間900円も取る専用駐車場には車の影すら無くなり

本物の長いストーブリーグがはじまるのです

近くでランチも予定してたので大混雑で空きスペースがないと言って返金してもらい

500m程旧軽ローターリー側の1日800円に駐車して歩くことにした私たち

これは絶対にアリですよね!?

ちなみにそのちょっと先には狭くなりますが1日500円もありますからね



037 (500x330).jpg



この日は久し振りで旧軽辺りもぶらついてみることにし

まずは今人気の店のひとつ、群馬のパン屋さんが営む複合店舗へ

レストラン開店前に辿りついていたらしく開店後はすんなり席へ案内され

久し振りで名物チキンディッシュを食べてきました

私の横浜ランチの倍はしてしまいますが量はたっぷりパンのお替り自由と

リゾート軽井沢にしては意外とリーズナブルかもしれないと妻は言います



039 (500x333).jpg



食後は運動にとあまり変化がないだろう銀座をぶらつき

ちょっと変化のあることを発見するも時代の流れと驚かず

明朝の朝食にとF店のお向かえA店で違ったパンを買い求めて小屋へ戻るのでした



033 (620x413).jpg



そして小屋で待ち構えていたのは紛れもなく冬支度のお仕事

集めて下へ落とすくらいならお茶の子さいさい

あとは廃棄もあるので管理人さんにお任せです

氷点下の声を聞いて水抜きが完了するとまもなく厳しい冬の到来です



043 (550x367).jpg


金色の雨 [隠れ家の抽斗]



 

024 (620x413).jpg
11月5日雲場池にて



あ~ぁ、水色のあ・めぇ~~のファルセット八神純子さん

紅葉の季節が到来するとそろそろ金色の雨も降りだす軽井沢

黄色く色づいたmélèze(唐松)が陽の光を受けヒラヒラと舞い降りてくる様子です

そこへエイディット・ピアフでも流れようものならもうおフランスの世界です



ところがこの唐松が少々厄介ものでして

細長い針のようなその形状が隙間という隙間へ入り込んでしまい

一寸車を停めようものならさあ大変

掃除機でもなかなか吸い取れない凶器と化してしまうのです



なんて興ざめさせてしまうお話をしてしまいましたが

今週末は紅葉の名所で過ぎ行く秋の1コマを満喫して来ました

しっかりお伝えできない事情が発生したため

本日はその予告編という事で1コマの内の1コマをアップさせていただきます


露骨 [独り言の抽斗]



 

IMG_0628 (296x400).jpg
中華街外れの銭湯

 

また一つ、行きつけの昼食処が消滅してしまいました

厳しいローテーションで辛うじてしのいで来ただけにかなりのダメージ

台所事情の苦しいピッチングコーチの気持ちがすごく理解できます

激しい競争の中生き残っていくのは生半可ではないということですね

味、値段、サービス、雰囲気、立地など盛衰のカギはあるものの

如何せん当てにならないのが浮気性なお客さんの方ですから



そんな客の引き留めに一風変わった手段を使う店に

新規開拓中の私が今回出会うこととなりました



IMG_0631 (400x294).jpg



あれは遡ること一か月前,中華街の一角でした

ある方に旨いから一度行ってみればと教わっていた一軒に

満を持して単独突入を試みたランチタイムです

幸いさほど混雑はしておらずすんなり着席できました



大方の場合、中華街ランチはお茶とオーダーの後

スープと中華風漬物又はザーサイが先に登場して

メインのおかずとごはんが追っかけ登場し

最後は杏仁豆腐で締めくくり、これで600円~750円が相場です

おかずは定番、日替わり、週替わり、サプライズなど各店舗で工夫しています



IMG_0632 (290x400).jpg



この日私は定番の中の一つを注文して店舗内の様子を伺い始めます

明らかに家族経営だとわかるそっくり親子の動きと言動に照準を合わせると

どうやら馴染みさんらしき客が多く来店してくることにじき気づきます

美味しいと前評判通り、さすがリピーターが多いわけだ

一人納得して我が注文の品の登場を今かと期待に胸膨らませている時でした



周りの客にデザートが運ばれはじめそれを目で追っていると

客によって杏仁豆腐以外のプラスアルファが付いてくることを発見

馴染みになるとこんな風にサービスされるんだ

分かりやすいなと思いつつこの日は深く考えずに店を後にしました



そして今回再び訪れた私はオーダー待ちの間に

この店の客が4段階のヒエラルキーで構成されている事実を勝手に発見したのでした



第1階層(底辺):メニュー通りごく普通に扱われる一見さん

第2階層(中の下):デザートにおまけが付いてくる準ランチ馴染みさん

第3階層(中の上):食後の飲み物までついてくる週一ランチ馴染みさん

第4階層(最上階):トレイに乗ったタオルおしぼり登場の昼夜の上顧客



第1階層の私の目の前で次々と繰り広げられていく

分かりやす過ぎるファミリーのおもてなし

こんなん、アリでしょうか?それともナシでしょうか??