So-net無料ブログ作成

正解は・・・ [旅の抽斗]



029 (450x296).jpg



学名サマネア・サマン、俗名はモンキーポッド

なんの木の正体である

ホノルル国際空港に程近いH1フリーウェイ沿いにある

モアナルア・ガーデンパークへ行くとこの木に出会える



028 (450x300).jpg



ジョンフィリップ・モダン氏の個人所有の広大な地に

手入れの行き届いた日本でお馴染みのHitachi Treeは鎮座している

初めてハワイを訪れた時からその存在は知っていたが

目の当たりにするのはこれが最初の灯台下暗し



034 (450x293).jpg



知らぬ間に日本人観光コースの一角に取り入れられたようだ

ヌウアヌパリやパンチボールはどうやら過去のコースとなったのだな

入園料は一応大人$3と謳われているのだが...

メンテナンスへの寄付という事でちゃんと納めて来た私達



038 (550x367).jpg



この木はこんな木だったのだ


虹の向こうは晴れなのかしら [旅の抽斗]



IMG_0279 (550x409).jpg



今回の旅、らしい天気のおかげでいろんな虹を見た

なんかいいことあるのかなと思いながら帰って来た

今のところいつもと変わりないのだが



020 (500x330).jpg



見つけた時の虹が一番綺麗だったから

それを収める事ができなかったのがとても悔しい

ついつい見惚れてしまうのがどうやらディレイの原因



IMG_0276 (500x374).jpg



ハワイにはやっぱり虹がよく似合う


タグ:Rainbow State

Haleiwa Brend [飲の抽斗]



003 (500x332).jpg



ワイキキのホテルで飲むモーニングコーヒー

これはこれで立派な贅沢なのだが

やっぱりアレを飲まずに帰るわけにはいかないと

レンタカーを飛ばして小1時間

ノースショアの玄関口とでも言おうか

ハレイヴァ・オールドタウンのコーヒーギャラリーへ



025 (500x333).jpg



残念ながらノースは今日も雨だったとばかりのドシャブリ

なのに朝早くから地元のHaole(ハワイ語で白人)たちがもう行列

フリーWifiもあるからなのか、なぜかここには沢山集まる

お目当てのもう一つはやっぱりハレイヴァ・ブレンドだな

うす過ぎないほど好いアメリカンがいいんだよなぁ



土産にと2袋掴んで再び行列に参加していると後ろから

あんた、こっちの方が絶対うめぇよ

コーヒーはカフェインが命だぜ

これ一杯でギンギラギン間違いなしだ



朝っぱらからstoneなおっさんの妙な講釈聴かされたけど

ノースらしくってええじゃないか

全然変わってないよ!



自家製マフィンも平らげたのでモーニング終了

クルマを来た道へと戻してホノルルへ

スコーフィールド基地を通過する頃には晴れ間がのぞきはじめる

晴れ時々へヴィー・シャワー

どうやら今回のハワイの天気予報なのである

ということは......


大外れの大当たり [独り言の抽斗]



前回から間が開いた記事には間の抜けたオチがピッタリなようで

ジャパンの対米国戦キックオフに滑り込みセーフでチェックインしたものの

どこを探してもライブをやっているチャンネルが出てこない

おかしい、こんなはずがない、絶対におかしい

そう思いながらも念のためスマホで公式HPのテキスト中継をオンにしておく



荷物を届けにほどなくしてやって来たベルボーイ君に中継はやってないのかと質問

すみません、私にはわかりませんと申し訳なさそうな返事とともに

ラグビーやってたんですか? それは凄い! と驚きの表情で逆質問を受ける

えへへ、と照れ笑いするもらちが明かないので近隣のスポーツバーを探しにホテルを出る

心当たりの一件からそれらしき音声が漏れ伝わってくるが空っぽの店内

案の定、モニターに映るはサンデー・アメフトだった



超寝不足の身体にこの探索はさすが厳しいものがあったので

ハーフタイムを迎えた頃にはスッキリ諦めもついていた

一日920円パケ放題のWifiをレンタルしておいて正解だったな

そして期待どおりの結末、でかしたぞジャパン



疲れてるはずなのにこの時すべてが何故か軽やかだった私

そりゃ無理もないはず

だってワイキキのど真ん中に居たのだから

う・ふ・ふ


001 (550x367).jpg


Win-Win [趣の抽斗]

3K8A0172 (500x333).jpg



荒削りなところは否めないがエキサイティングなゲームだった

このチームに規律と統制がしっかり埋め込まれたなら

次回W杯ベスト8で再び対戦すること間違いなしのサモアンだった



最大の目標が目の前から遠ざかってしまった瞬間

正直チーム全体のモーチベーションが一瞬下がったに違いない

しかし、鬼軍曹顔負けのエディHCから得られた成果は

世界中の多くの人々の記憶にBrave Blossomsの姿を焼き付けただけではなく

W杯至上初の3勝チーム予選敗退という史実を今まさに残そうとしているのである



 ティア1に属する大英連邦チームが当たり前のように集う決勝トーナメントの様相は

今大会を機にこれから大きく変えられていくことは間違いなく

その試金石となっているエディ・ジャパンの今大会における功績が絶大なのは

エディの指導方法に懐疑的だった日本のラグビー関係者もこの際潔く認めざるをえないし

次回の自国開催に向けていやがおうにも新陳代謝をおこさなくてはならないだろう



 今大会後に日本の地を去っていくエディー・ジョーンズ氏が残さんとしているもの

それが日本人にはとかく欠如しがちなWin-Winの関係構築力および精神なのではないか

後ろからひっぱたいてやりたいくらいエディと衝突したというかの五郎丸君をはじめ

寝食共にした仲間達もきっとそう感じているにちがいない



泣いても笑ってもこれが最後のゲームとなるアメリカ・イーグルス戦

試合会場はおそらく大勢のジャパンファンが詰めかけて

完全ホーム状態となること間違いなし

そんなプラス波動に包まれながら相手を完全にノックアウトしてきてもらいたい

かくいう私は完全アウェイの地でライブTV観戦となるが

アイランダーたちはきっとジャパンの味方であると信じたい


本望じゃあないか [趣の抽斗]



またまたラグビーW杯の話題で恐縮ですが

予選最終戦を記事にしないで終わるわけにはいかないので

来る11日の対アメリカ戦について二言三言



日本戦を前に南アフリカ戦を戦うアメリカにとっては最悪の中3日でのゲーム

なので先発メンバー12人をサブと入れ替えて南アに挑み

温存されたベストメンバーでジャパンと戦う事になったらしい

ここまで全敗だからどうしても1勝が欲しいのはわからないでもないが

少々油断もありそうな南アを負かしてジャパンのように歴史を創るという

ヤンキー魂はどうやら微塵もないらしく

話題沸騰のジャパンをぶちかました方に利があるというのだろう



まあこれでジャパンは気を引き締めてガチンコ勝負していけるわけで

たとえ試合前に残念な結果となっても別のエポックメイキングをめざし

本当の強さをラグビー発祥の地で十二分にアピールして

次回母国で胸を張っての開催に繋げていただきたいものだ



サモアとの一戦の後日美談が報じられているなか

どうやらサモアは最終戦の対スコットランド戦を勝ちに行ってくれそうである

両者の過去の対戦成績を振り返って見ると殆ど互角の勝負をしている

フラストレーション溜まりっ放しのジャパン戦だっただけに

負けることを恐れずに挑めるこのゲームで本来のサモアンらしい展開ができれば

今のスコットランドを倒すことなど全く不可能ではないのだ



さあ、これで10日午後10時30分(日本時間)開始のサモア戦の応援し甲斐ができたというもの

翌11日に行われる対アメリカ戦が今大会予選のなかで最もエキサイティングなゲームとなるか

すべては先発サモアン・フィフティーンの勝ちに拘る闘争心と

ゲームを通してのDiscipline(鍛錬)の維持にかかっている



ここまでのジャパン大躍進には当初から期待していたのは勿論だが

最終戦当日に日本を離れなければならないという現実は避けて通れなかった

ライブ観戦できないと諦めかけていたのだがやっぱり持っていたのか

なんと、このゲームに限って現地時間の20時00分スタート

完璧な敵地ではあるがどうやら前半途中からライブ観戦できそうだ


ティア1への扉は開かれた [趣の抽斗]


スポーツの秋の始まりでもある

ひょっとして、の淡い期待も虚しく劇的な試合でスワローズが乱セを制した

知らず知らずのうちにタイガースに頑張れとエールを送り

ゴメスの三振や福留の凡退にため息を漏らしていた私

ジャパンラグビーの奇跡よりかはもう少し頻度が上がるこんな珍現象

いつもはスルーしているヤクルトレディーに明日の朝は足を止めてみようかな



素晴らしい勝利だった

にもかかわらずメディアはボーナスポイントがどうたらとか

3勝してもベスト8に残れない可能性がこうたらと

あんたら今目の前で起きている事がどういうことか

よーく理解してから言葉や文字にしなさいよね

大魔神が今朝のTVで発したサモアがスコットランドに勝てばいいという

ごもっともなコメントの方がスッキリしていて気持ちがよかったわ



ラグビーを始めた頃に創刊されたラグビーマガジン

売り切れ続出でどうやら臨時増刊されるらしい

おそらく今回のW杯の特集になること間違いなしなので

レプリカのユニフォームより購入優先順位は上位だ

カンタベリーやアシックス社内では嬉しい悲鳴が轟いていることだろう

ピカデリーサーカスのリリーホワイトの大混雑振りも目に浮かんでくる



この降って沸いたような人気を今後どのように料理していくか

日本協会の運営方法に大きく圧し掛かってくる

もちろん、エディーが去った後の後任HC人事は最重要課題だ

ラグビーが如何にエキサイティングなスポーツかこれでお分かりいただけただろう

だから真に一日も早くジャパンをティア1へ伸し上げたいと願う方々にどんどん参加いただき

そして扉の先の上がりかまちでノットローラウェイを繰り返す面々には

是非ともレッドカードの提示をお願いしたいものだ