So-net無料ブログ作成
検索選択

洋上の免税百貨店 [旅の抽斗]




262 (600x397).jpg



北欧は言わずと知れたクルーズの聖地
地中海に負けずとも劣らない大型客船が縦横無尽に航行してます
バルト海を挟んで国境を接する国々との航路も多数設けられており
その中でも最短コースを辿るエストニアの首都タリンへの便は
行き来する両国民にとって特別な存在のようです



257 (600x400).jpg



割高なタクシーを避けトラムに乗って桟橋まで行こうと
まずはテクテク中央駅まで歩きそこから€3.2を払って乗車します
ちょうど朝の通勤時間と重なったので車内は結構な込み具合
20分弱で終点のターミナル2に到着です



258 (600x400).jpg



やたら早朝集合でなおかつ割高な日本語ツアーを避け
同じく現地ガイドと昼食付きスロースタートの英語版を選択しました
もっとも両方とも現地タリンとの往復は自身でやる事になります
日本で事前に入手したバウチャーを乗船チケットに換えホールへ移動



260 (600x395).jpg



261 (450x300).jpg

10:30発のMegaStar号に乗船



チケットを見る限りクラスの違いはあれど座席は全て自由だなどと
初めての体験に少々胸躍らせながら出発までの小一時間
ターミナル内外にてブラブラしながら船の入港を待ちます



263 (600x388).jpg



そうこうしてるうちに船が桟橋へと近づいて来るにつれ
空っぽだったターミナルにはいつのまにか人だかりが出来上がります
老若男女どう見ても観光客には見えない大勢の人たち
沢山の車両も一緒に船中へと吸い込まれて行くのを横目に
想像を遥かに超えるスケールのメガ・スター号へ乗船開始です



270 (600x399).jpg



274 (600x382).jpg



船内へ一歩足を踏み入れてビックリ仰天
そこは広々としたレストラン街となっているではありませんか
帰りの夕食の心配は一瞬にして消え去ると同時に
何を食べるべきかの選択へと早々に思考切り替えです



275 (600x400).jpg



だんだん楽しくなってきた勢いで階上へと移動して二度ビックリ
眼前には空港免税店が引っ越してきたかと錯覚してしまうほど
フロア所狭しと品々が陳列されさっそく買い物体制に入る人も出現
ここでようやく座席のことには一言も触れられていない謎が解けました

所要時間約二時間の間乗客は飲食やショッピングに興じて過ごすか
もしくはテーブル付きの着席エリアで談笑やひと眠りするかなのです



277 (600x397).jpg



280 (600x400).jpg



288 (600x400).jpg



洋上の免税百貨店
勘のいい方はもうお分かりではないかと思います
物価、特にアルコール類が高いフィンランドの人々は車で乗船し
ビールをケースで豪快に買い付ける場面に頻繁に出会いました



282 (450x300).jpg



エストニアの人々はおそらく化粧品や服飾雑貨などを買い求めていたのでしょう
実際駐車エリアを見たわけではないので想像の域を超えませんが
ユーロ各国のナンバープレートを見つけることができたはずです



289 (600x397).jpg



季節はまだダウンジャケットを必要としていた北欧
スキー用のサーモアンダーととっくりセーターに厚手のウィンドブレイカー
そしてニット帽にネックワーマーと指だしグローブでほぼガード完了
せっかくの日差しを楽しもうとサンデッキへと上がり北欧の潮風にもあたります



295 (400x267).jpg



タリンの町ってどんなだろうか

アクセスの良さを考慮するとヘルシンキ観光の不足分を補うのは
ここエストニアしか頭に浮かびませんでした

nice!(21)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 21

コメント 9

あるいる

いやぁ~ それにしてもデカイ船です。
迷子になったらタイヘンなことになりそうなデカサの客船ですが、飛行機には乗られなくても船なら大丈夫ですので、なんとなく安心感漂うのが船です。
海の上を漂ってしまうコトになると困りものですけれどね。
「Sitting Lounge」の案内絵文字に禁煙がないところが興味シンシンです。
おそらくこ一般常識として「禁煙」のルールが滲透しているのではと、勝手な想像です。
これもお国柄でしょうか。
で、タリンの街はどんな街だったでしょうか。
社長さんのブログ記事で見るかぎりヘルシンキの街は綺麗で清潔な印象でしたが。
北欧=清潔。
これが僕のステレオタイプな印象ですよ。

by あるいる (2017-06-15 03:50) 

ma2ma2

船上は海外ですね、カジノもあったりするので免税店もあるのですね(^^)
船の旅行も楽しそう!
by ma2ma2 (2017-06-15 07:10) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

あるいる さん

北欧巡りの豪華客船はホテル一棟丸々船にした感じでした。乗船した
メガスター号も想像以上にデカくそして静かな船です。天然ガスで航行
するいわば多少エコな船でもあります。船内は喫煙所以外すべて禁煙
です、南欧に比べると格段に落ちそうな北欧の喫煙率です。
仰るとおりでヘルシンキは本当に清潔な街でして、公共の施設はトイレ
まで手入れが行き届いていますから、これでウォシュレットだったら日本
人は押し寄せてくるのではないでしょうか。
タリンは北欧+ロシア+ちょっとドイツなSサイズのメルティング・ポットと
いったところです。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-06-15 22:42) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

ma2ma2 さん

カジノと呼ぶには寂しすぎるジャックポット€1,000のスロットが4台だけ
ありました。2・3泊ならクルーズも悪くないなと思いました。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-06-15 22:44) 

hatumi30331

洋上の免税百貨店の意味が分かりました。^^
何でも揃うんでしょうね。

ゆらは、パズル大好きです。どんどん背が伸びてきました。^^
by hatumi30331 (2017-06-15 23:41) 

raomelon

レストラン街に免税百貨店
キョロキョロしているうちに、2時間が過ぎそうです^^
北欧の潮風は、どんな感じなのでしょう・・・
by raomelon (2017-06-16 11:57) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

hatumi30331 さん

生鮮食料品以外なら結構豊富な品揃えでした。皆さんやはりお目当ては
ビールのケース買いでした。我々は食事以外にご当地マグネットを船内
でゲットです。訪れた場所で買い求めたマグネット・コレクションがありま
す。
私は中学2年のひと夏で7センチ伸びましたよ!これから楽しみですね。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-06-16 22:05) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

raomelon さん

今回ヘルシンキとエストニアの事前学習を充分していかなかったので
どんな船に乗るのかさえも知りませんでした。人生で一番デカイのに
乗船したようです。
5月と言えど刺すように冷たい風でしたよ。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-06-16 22:09) 

tommy88

板子一枚下は地獄
そんな言葉とは無縁ですね。
高島平団地や千里ニュータウンが動いてるというような圧倒感。
港や海でそんな大きな船を見たことがないので、想像しか出来ません。
大型タンカーは何度か見て、デカすぎることに驚きましたが。
住民が車に乗って買い付けに来る船というのは、理解不能です。
PX(post exchange)ではなく免税店なんですね。
爆買いの光景はなかったのでしょうか。

by tommy88 (2017-06-17 07:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0