So-net無料ブログ作成

ローマの終日 [旅の抽斗]



206 (600x400).jpg



4年ぶりのローマはもちろんなんにも変ってはいません
主な名所旧跡は過去すでに訪ね歩いてるので
ホテルから徒歩圏内を散策してみることにしました
とは言っても外せないだろう改修後のトレヴィの泉とスペイン階段は
空いている朝のうちに拝んでおこうとホテルより直行です



211 (600x400).jpg



午前でも深い時間になってくるとこの正面エリアは東洋人軍団に占拠され
あちこち藪から棒に自撮り棒が突き出てくるのでした
コインを投げ入れ再来祈願を終えた後は早々に撤収が大正解です
脇道はなおさら変わることがないので記憶を辿りながらそのままスペイン階段へ
果物屋、肉屋、Bar、ジェラート屋をやり過ごすと広場に到着です



218 (600x400).jpg



ここも早い時間ならそんな混雑はしておらず
階段に長時間座り込んで俄かグレゴリー& オルドリーを決め込む
ジェラート片手の各国観光客も疎らとなります
回を重ねるごと階段トップに立った時の息の上がり方が激しくなり
変わらない風景にあざ笑われてるような気になります



228 (600x400).jpg



昼間人口はほぼ観光客で占めらているローマの中心街
ミラノに比べればモードが漂う気配はあまり感じられませんが
それでもそこはさすがイタリアの首都
時折り出現するチョイ悪セニョーリ&セニョーラについ目が行ってしまいます



235 (600x399).jpg



コンドッティからコルソ通りに折れ少し行くとイタリア最古の教会のひとつ
サン・ロレンツォ・イン・ルチーアが静かに佇んでいます
オープンカフェやブランドショップが軒を並べるこじんまりとした広場を抜け
あるお店の日本人スタッフから教わった家庭料理の店に向かいます



IMG_0851 (500x352).jpg



ちょっと遅めのランチをこの行列ができるお店で食べます
小道を入ったわかりにくい場所にありながら行列が絶えないとは
味と値段と家庭的サービスがやはりモノを言うのでしょうか
ワイン頂戴というとカラフェでドンと置いていく豪快さも魅力のようです



IMG_0852 (500x375).jpg



このお店の売りのひとつがこのオックステールのトマト煮込み
奥にあるパスタもイチオシで本当に麺だけのシンプル仕上げです
隣のロシア人観光客もハラショウとパクついてました

そしてデザートのイチオシはこのオーソドックスでいびつな形のプリン
なぜか端に寄せられてフレンチとの違いは全ての料理にして明白です



IMG_0853 (400x300).jpg



食べ終えてみてこの店の人気の秘密がわかったような気がしました
家庭料理を謳うだけあってやっぱり飾りっ気のない本物の「マンマの味」が
きっとここを訪れるローマっ子の胃袋を掴んで離さないのです
かくいう私たちもほんの少しだけローマの懐に入り込めたようです



240 (600x400).jpg



食べ慣れていない時間帯での昼食だったこともあってか
少々お腹にドーンという感じでしたから消化促進の散歩でホテルまで戻ります
メーデー休暇後だったこともあってか土曜日なのに人通りが少なく感じます
この分なら夕食は軽くてイイねとなったものの
イタリア旅行恒例の困ったときのナンチャッテ中華にご登場願いました



247 (600x364).jpg



旅の前半戦の終了をこのローマで迎えるにはもってこいの場所が
宿泊したホテルの屋上レストランです
屋外は360度ローマの街を歩いて見渡せるパノラマ付き
朝食後に余韻を吸収しようとコーヒー片手にしばし佇んでみました



IMG_0861 (500x369).jpg



スマホで次の目的地の天気を確認してから空港へ出発です
最低気温0℃のいまだ真冬のヘルシンキ
服の用意はしてきたものの一抹の不安を抱えて未知の国への挑戦です
旅の後半戦、よろしかったらお付き合いくださいまし

nice!(28)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 28

コメント 8

hatumi30331

素敵な風景と美味しい物!
良いですね。^^
by hatumi30331 (2017-06-10 00:35) 

ma2ma2

今日は押し逃げですm(__)m
by ma2ma2 (2017-06-10 07:33) 

あるいる

「マンマの味」は世界共通なのかもしれませんね。
日本でいえば「おふくろの味」、韓国で言えば「オムニの味」。
そんな枕言葉がついた飯屋&居酒屋が天神橋筋界隈には点在しています。
見た目も大事ですが味と手頃な値段が最優先、7枚目の写真もさることながら8枚目のシンプルな盛り付けのプリンが見事に物語ってくれています。
オックステールの煮込み、美味そうです。
このソースにパスタを絡めたりパンにつけて食べると美味いやろなぁと、
お行儀のよろしくない食べ方も許されてしまうだろうと勝手に決めました。
プリンの次の写真は焼き栗でしょうか。
なんだか今日の写真は食べ物に目が行ってしまいました。
ただいま12時06分、腹が減っているせいだけではなさそうです。

by あるいる (2017-06-10 12:06) 

tommy88

『ローマの休日』は何度も見まくって、既に知る場所となり。
トレヴィの泉とスペイン階段、ここだここだ。
渋谷のスペイン坂はちゃっちいけれど、座らねばならない階段。
憧れの地だからいずれ行くにしろ、健脚を確保せねば。
息が切れるのは必至、酸素持参かな。
「カラフェでドン」、大好きな対応です。
大らかなイタリア「マンマの味」は着飾らないから、食べ、飲み過ぎたい。
ハモを食って、昼食は終了しましたが、「マンマの味」を食べたい日差し。
ローマの終日でしたね。

by tommy88 (2017-06-11 15:05) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

hatumi30331 さん

観光と食事で満足できる旅はやっぱり最高です。でも、これがなかなか
うまく行かない難しさもはらんでいますから、更なる満足を求め「次」への
期待もまた膨らんでいくのでしょうね。だからやめられまへんなのです。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-06-11 17:39) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

ma2ma2 さん

という事はまた何処かで何かの企みが...ですね。今度は何を食べに
行かれたのか?
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-06-11 17:40) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

あるいる さん

おとうの味がないだけにおふくろの味には万国共通強力な吸引力があり
ます。イタリア、韓国、大阪と共通点が多く存在する分胃袋を掴むには
充分なキャッチコピーです。
オックステールを食す日本人は初めてだったのか、オーダーを受けたウェイターさんがちょっと驚いた表情をした後お前なかなかやるやんと
言いたげな笑みを返してきました。意外と肉料理の少ないイタリアン、旅
もこの辺になるとガッツリお肉が食べたくなってきます。ちょっと酸味の
あるお得意のパンはトマトソースと相性抜群。何も飾らないカスタードプリ
ンも口直しのデザートにはもってこいでした。

by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-06-11 17:52) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

コロッセオ、フォロロマーノ、真実の口などその他定番コースは抜きの
ローマでの終日自由行動プラス、遅い夕食までのちょっとホテルでシエス
タ付きでした。石畳の長距離散歩はボディーブローの如くダメージをくれ
るので、履き慣れた靴はイタリア観光には欠かせません。
困ったときのイタリア、テロで物騒なヨーロッパにあって数少ない目的地
候補として残ってくれてます。フランスとは全く違うワインのポジショニン
グ、水代わりに飲むという概念ではイタリアに軍配が上がる私です。そし
て水のように安いというのはユーロになっても頑なに守り続けらていると
ころが憎いのです。
鱧の季節ですね。鱧はやっぱり上方・京都じゃなきゃだめですね。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-06-11 18:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0