So-net無料ブログ作成

欧州南北縦断紀行 [旅の抽斗]


140 (600x387).jpg



GW明けの帰国後も用事で急遽大阪へ行ったりしたため

旅行記の投稿になかなか取りかかれませんでしたが

それでも母の日を墓前で過ごせたので結果はオーライでした



230 (600x400).jpg



今回は欧州の街二ヵ所をベースキャンプとした旅

以前同行したツアー旅行者間で好評だった北欧ヘルシンキ経由を利用し

次の経由地南欧ローマへ入りさらにその南を鉄道で目指すというものです

好評の理由は乗継時間の短さと最終目的地までスルーな預入荷物

いままで夜中近くのチェックインだったローマのホテルへも

現地の夕食時間には辿り着けるというオマケつきです



IMG_0807 (550x408).jpg



Fin Airがワンワールドに加盟したことで日本発欧州ツアーにおいて

JAL直行便がない場合このヘルシンキ経由ルートの使用頻度が高まり

GWと相まって多くの観光客で満席状態となっていました

特にシニアカップルの姿が多く見受けられ

Air&Hotel形式での自由旅行動が増殖中とのことです



008 (600x400).jpg



IMG_0836 (400x299).jpg




鉄道移動と現地ツアー参加の味を完全に占めている私たち夫婦も

ローマのベースキャンプ・ホテルに大きな荷物を残し

二泊分を引っ提げ4年振りのナポリで一泊

そして現地ツアーに参加して妻のいたっての希望地

アルベロベッロでもう一泊してローマへ戻るというコースを

旅前半のハイライトとしました




156 (600x394).jpg




休息のためのブレイクでローマにて二泊したのち

空路フィンランドのヘルシンキへ戻って一泊

翌日はこれまた現地ツアーに参加し大型豪華フェリーで

対岸の国エストニアの首都タリンへ後半ハイライトの日帰り旅行です

翌帰国日は夕方の便だったのでチェックアウト延長を願い出て

空港へ向かうまで目一杯ヘルシンキ市内観光も楽しむことにしました



251 (600x400).jpg




妻のアルベロベッロ行きリクエストをここまで膨らませたプラン

我ながらよくできましたと褒めてやりたい気持ちです

二十数年前にヴェニスやトリエステから見たアドリア海を久し振りで眺め

そのすぐ隣の国スロベニア出身でオーストラリアからの単身旅行者と

タリン観光ツアーで知り合い仲良くなったのも何かの縁

初夏の南イタリアの陽気を楽しむ傍ら粉雪舞うヘルシンキをブルブル散策と

まこと出会いと話題満載の欧州南北縦断紀行、ぼちぼちいきます



326 (600x400).jpg

nice!(29)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 29

コメント 6

ma2ma2

先週シドニーに行って来ました!
色々楽しんで来ましたが英語が通じませんでした(^^)
by ma2ma2 (2017-05-18 22:34) 

hatumi30331

素敵な所に行って来られたんですね。
今からたっぷりレポですね。
楽しみです。^^
by hatumi30331 (2017-05-18 23:59) 

あるいる

南欧から北欧へとこれまたお国柄も光景も異なるバラエティー豊かな旅のようでしたね。
ここ10年ほど僕の中では北欧ミステリーがブームなのですが、深い社会問題や人種問題を内包していることにあらためて気づかされています。
なぜだか警察ミステリーでの分野に秀作が多く登場しているのも、そんな影響が色濃いのかなぁと、一人勝手に妄想です。
その昔、東京時代に食べたスモーガス・ボードしか知らない僕には不思議で魅力な国に見えて来ます。
金髪美人が多いと勝手に決めているのはフィンランド女子フィギアスケーターのキーラ・コルピー選手の影響が大きいようです。
イタリア美女とは系統の違う、しっとり落い着いた金髪美女を妄想してしまうのはおっさんのせいだけではなさそうです。
色っぽいハナシはないとは思いますが、北欧の街を歩かれての美女との遭遇率は高かったでしょうか。
と、素朴でアホな疑問です。

by あるいる (2017-05-19 04:13) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

ma2ma2 さん

シドニーは晩秋といったところでしょうか?海から吹く風が以外に冷た
かったりしますね。オージー・イングリッシュはどうしてこうなったかという
くらい解りにくいですよ。スーパー・ラグビーの現地試合後のインタビュー
もかなり理解に苦しみますが、サンウルブスのおかげで以前よりはわか
るようになった気がします。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-05-19 22:16) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

hatumi30331 さん

イタリアはそこら中が遺跡と世界遺産で見所満載で、それに比べると北
欧は大自然がウリですね。フィンランドは森と泉の国、あのブルーコメッ
ツの旋律が頭の中を駆け巡ってました。開業当時の新幹線東京・大阪
間の所要時間で結ばれるローマとヘルシンキです。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-05-19 22:21) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

あるいる さん

イタリア語はローマ字読みができて日本人にも比較的発音しやすい言語
ですが、フィンランド語は一字一句到底理解に苦しむ難解な言語です。
情熱的全てに濃い系イタリア人と金髪・青目・色白フィンランド人の違い
にも驚きます。
北欧料理のブッフェであるところからスモーガス・ボードによって日本では
バイキングと呼ばれるようになったとの説もあるようですね。
色っぽくはならないでしょうけど、フィンランド美人の話は取り入れて後ほ
どさせていただきます。乞うご期待を(笑)!
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-05-19 22:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0