So-net無料ブログ作成
検索選択

知ってしまったあの秘密 [隠れ家の抽斗]


 

005 (600x400).jpg



横浜へ戻る日曜日の行動は判を押したように決まってます

朝寝もせず早起きして掃除・洗濯・片づけなどなどのあと

星野温泉トンボの湯へ再び朝風呂入りに行きます

別荘の民の入浴料は通年特別割引でしかもこの時期駐車場はタダ

併設のホテル宿泊客は勿論フリーでしかも一時間早く入場できるので

脱衣場はこの時期でもけっこう色んな裸がウロチョロです



024 (500x332).jpg



そんな集団の一角に私の目がロックオンされたのは初めての経験

温泉のレンタル・バスタオルを腰に巻いたまま

何やら意味深げな様子ではあるものの楽しそうに話し込む集団

どう見てもこれから風呂へ入ろうとするアンチャン達

C国語らしき言葉で掛け合いながらも中々風呂場へ行こうとしません

傍に立つ風呂上がりの私の存在がどうやらかなり気になるらしい



ところで、男子の場合裸の見せ方にはいくつかパターンがありまして

年齢と共に隠す部分が減少していくのも統計的には事実のはずです

時折り私のように若い頃から開けっ広げの無防備な体育会系は例外として

正常な男子なら大切な部分はタオルで覆い隠しながら移動するのが常です

もう少しナイーヴな男子でもせいぜいタオルを腰に巻くことまででしょう



020 (600x398).jpg



それがどうしたことか、シャイなC国ボーイズ達はバスタオルを巻いたまま

入ろうかどうしようかと脱衣場で躊躇したまま動きません

あろうことかその内の一人がそのまま風呂場の方へ行ってしまいます

それを確認してようやく私の目の前でパンイチになれた連れが

受付で渡されたのであろう「風呂の入り方マニュアル」を片手に

他の仲間へ何やら伝えようと話しかけはじめました



これは新年早々オモロイもんが見れそうやなと

わざと超スローモーションで着替え支度する私

とそこへ案の定先ほどのバスタオル巻男君が小走りに戻ってきました

もちろん、先ほどと同じタオルを巻いたまんまの状態でです



029 (500x333).jpg



もうちょっと時間稼ぎしたい衝動に駆られながらも時計を見ると

妻との待ち合わせ時間が迫っていたので泣く泣く撤収することに

で、さっきのパンイチにいちゃんですが

戻ってきた巻男君によっしゃ~みたいな掛け声をかけ

ついに最後の砦を引き摺り下ろした、かと思えた瞬間でした

芸人さん顔負けの瞬発芸でタオルカバーし風呂場へと消えていきました



後ろ髪ひかれる思いで脱衣場を退散しかけたところ

風呂場へ行ったはずの高速パンイチくんが再登場します

どうしたん?と再び彼へと惹かれる我が視線の先に

ガードは守ったまま慌てて靴下を脱ぎ棄てる彼

ちゃんとオチ付けてくれるあたり、才能大やと大笑いでした



031 (600x376).jpg



尖閣諸島問題解決にはまったく別のアプローチが有効かもしれない

そんな確証を得たかのようで厳冬の温泉場を後にしました


nice!(27)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 27

コメント 12

hatumi30331

私もきっと教えてあげたくなると思う。^^
パンイチ兄ちゃん可愛いね。
お風呂の入り方〜温泉をゆっくり楽しんでくれたかな?^^

ブログの繋がりで〜しっかり長岡天満宮で梅見、楽しんできました。

by hatumi30331 (2017-02-07 23:20) 

あるいる

温泉の大浴場やスーパー銭湯で外国人との遭遇。
そんな面白い経験がないのがとても残念です。
夏、カメラ片手のブラブラ散歩で汗をかいたら、通りかかりの見知らぬ銭湯へさっと入り、さっと汗を流してさっと帰ってくるときでさえ、外国人との遭遇はありませんでした。
公衆の面前でスッポンポンになって風呂に入る習慣が諸外国にないようですから仕方ないのかもしれませんね。
星野さんが用意された「風呂の入り方マニュアル」がどんなものなのか興味シンシン読んでみたいものです。
「紳士たるもの靴下は脱がずに入浴」と書かれていないのは間違いなさそうです。
ギリシャの風呂が登場する日本映画がありましたが、外国の大浴場でのマナーがどうなっているのか、さて。
この映画は観ませんでしたからまったくわかりませんし、ギリシャやトルコへ行くコトもないものですから知る必要はなさそうです。

by あるいる (2017-02-08 03:53) 

ma2ma2

軽井沢にも温泉があるのですね!
言われてみれば浅間山が活火山なので、源泉には困らなそう(^^)
by ma2ma2 (2017-02-08 07:20) 

tommy88

慣れなのでしょうね。
東京に出て初めてひとりで銭湯に行き、脱衣場で勇気が必要でした。
簡単なことですが、ちょっとした自意識。
慣れると平気ですが、一線を越えるには決断が必要です。
ふだん、人前で裸になる習慣がなければ、なおのこと厳しいでしょう。
逆に、水着を着て温泉に入るのは、抵抗があります。
プールの採暖室裏に風呂があって、男女一緒だから水着着用です。
なんだか変な感じがしてなりません。


by tommy88 (2017-02-08 08:34) 

濱の寅次郎

寅が以前、北陸に行った時の事でホテルの大浴場で寅が出る頃に入ってきたC国の2人が他に人が居ないと思ったのか脱衣場に下着を取りに行き洗面器で下着を洗い始めました。
直接言えなくてフロントに行って言ったら今日はⅭ国の方々がと言いながら大浴場の方へ走って行きました。未だにあちこちに見かけるマナーの悪さ寅には理解出来ない。
by 濱の寅次郎 (2017-02-08 12:23) 

raomelon

温泉の朝風呂、良いですね~
C国ボーイズ、堂々としているのかと思いきや
意外にシャイなのですね
靴下のオチには笑ってしまいました^^
by raomelon (2017-02-08 15:02) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

hatumi30331 さん

一大決心をしてまで挑戦したかった日本が誇る温泉・露天風呂には生涯
一恥ずかしい思いまでしてもやる価値があったのですね。あんなに明け透けな民族なのに意外にも裸の付き合いは無かったのでした。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-02-08 22:00) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

あるいる さん

場所柄アジア系の入場者が急に増えた星野温泉で、併設の星のやに
宿泊して露天風呂を楽しむことのがどうやら人気の的となっているようで
す。数々の温泉を渡り歩いたつもりの私にとってこの温泉はベスト3に入
ります。泉質自体はさほど特筆するほどではないものの、総演出がなん
といっても素晴らしいですし、メンテナンスにはきちんとお金をかけている
ところは凄いです。温泉マニュアルはイラスト入りのA5判パウチ済みの
一枚ペラです。おそらく衣類をつけたまま浴室へは行かないこと、洗って
から湯船に入る事なんか書かれているのではないでしょうか。後者を守
らない日本人は大勢ですからこの辺のところはどう捉えられているのか
ちょっと興味があります。日本も立派なテルマエ立国ですから、きちんと
この文化は海外へと発信していきたいものですよね。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-02-08 22:12) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

ma2ma2 さん

そのとおり、火山帯にバッチリ所在してますから温泉は豊富です。別荘地
によっては温泉が引けるオプションが付いているところもあります。そして
お隣にはなんと言ってもあの草津がありますから。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-02-08 22:16) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

tommy88 さん

こうした裸の文化がC国にないのはかなり前から知っていました。現在
の若者がここまでシャイだったとは予想外でした。30代の頃現在の上海
浦東国際空港がまだ畑だった時、国営農場の共同宿舎に2週間ほど滞
在したことがありました。日本のような大浴場などは存在せず冬なのに
途中でお湯が出なくなるシャワー室だけでした。農場のお嬢さんたちが
身の回りの世話をしてくれ、私のカルバンクライン・ボクサーパンツも綺
麗に洗濯され、上海の空に風でなびいていたのは鮮明な記憶として残っ
ています。
尖閣諸島にひとつ立て看板をつけるなら、「何人も上陸するときは必ず
スッポンポンで」と書いておくのも手かもしれません。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-02-08 22:29) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

濱の寅次郎 さん

星野温泉の入浴マニュアルに浴場での洗濯禁止事項が存在するのか
どうかは調査不足で判りませんが、洗濯の光景にはお目にかかったこ
とがありません。部屋で一人寂しく洗うより大勢の中でやる方が故郷を
思い出させるのかも知れません。場所の選択は正しくはなかったですが
旅先での洗濯行為、ここはひとつ褒めてあげたいところです。


by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-02-08 22:35) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

raomelon さん

日曜朝の温泉露天風呂は至福のひと時です。裏山の木々や野鳥のさえ
ずりを聞きながら、凛とした冷たい空気と適度な温泉の温もりで自律神
経をもろに刺激です。
あんなC国ボーイズを見るのは初めてで、文化の違いをつくづく感じさせ
るひと時でした。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-02-08 22:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。