So-net無料ブログ作成
検索選択

そして誰もいなくなった...、のかな? [趣の抽斗]



 

017 (620x413).jpg



最高気温ですら氷点下となるこの時期のこの場所

雪の予報でもでた日には車も人も町からいなくなり

静寂だけが凍てつく寒さの中に残されるのです

以前は滑るための中継基地としてせっせと通って来た真冬

今ではその寒さと静けさの中でくつろいでみせる楽しみを覚えました



仕事を終えてから真冬の長距離運転は少々身に沁み

特に碓氷峠を越えた高速道路出口からの道には神経を使います

しかしそこはやっぱり4WD+スタッドレス

完璧ではないにしてもこれで不自由なく移動できてしまうのです



002 (600x400).jpg



予報に反して降る雪のない町中はそれでも行き交う車はなく

外気温の氷点下表示だけが薄暗い中でやたらと主張してきます

予め管理人さんに粗方の除雪をお願いしてあったので

昨年の様な悲劇には遭遇せずすんなりと車庫に入れました

普段はかなり寒がりの私ですが不思議と氷点下には強い耐性を示します



翌早朝、屋根から滑り落ちる雪の大音響で目が覚め

外を眺めればしんしんと降る雪が新たに10㎝ほど地面を上昇させていました

デッキの雪掻きだけはやらねばと朝から筋トレさせられたおかげで

朝風呂の有り難味も倍増の1/3小原庄助でした



009 (600x400).jpg



紅葉の季節がベストだという一般評価にはまったく異論はありません

でも、誰も寄り付くことをしなくなった雪の雲場池はマイベストです

新しいレンズを試しがてら、きっと二人占めできるよと勇んでやってきたものの

まさかの光景に遭遇することになるとは



おそらく降り積もった雪は初体験と思しきC&T国のみなさん

どこで私の秘密情報を仕入れられたのか恐るべしSNS

タクシーで駆けつける兵たちも参戦で思わぬ経済効果か?

ストーブリーグの穴埋めをするのはやっぱりこの方たちでした



新婚旅行?のカップルに家族一個連隊、そして女子会と

間違いなく個人旅行のリピーターさん達

雪の厳寒軽井沢を満喫するというコト消費へと

インバウンドの嗜好は確かに新たな方向へシフトしているようです



007 (600x400).jpg



*********************************************



この記事を1月25日予約アップの予定でおりましたところへ

前夜遅く姉からの電話で母の訃報を受けました

しばらくベットの上で色々とシュミレーションを行なったあと荷造りも終え

早朝出社して仕事の段取りを終えそのまま帰阪した次第です



大阪で運悪く風邪をこじらせてしまい最悪のコンディションでしたが

今月曜日からなんとか現場復帰しております

ようやくブログへ向かう時間と体力(?)が回復しました

記事は当日のまま掲載させていただきましたのでご了承ください


nice!(33)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 33

コメント 7

ハマコウ

お悔やみ申し上げます。
お母様のご冥福をお祈り申し上げます。
by ハマコウ (2017-02-02 21:59) 

hatumi30331

そうだったんですね。
お母様、ご冥福をお祈り致します。
疲れも出たのでしょう〜
風邪、ぶり返さないように、ゆっくり休養した方が良いですよ。
by hatumi30331 (2017-02-02 22:30) 

あるいる

母上さまのご冥福をお祈り申し上げます。
合掌。

by あるいる (2017-02-03 04:50) 

tommy88

何度も母上のことを読んでいたので親近感があります。
残念です。
母上のご冥福を祈ります。
合掌

by tommy88 (2017-02-03 05:02) 

ma2ma2

お母様のご冥福をお祈りいたしますm(__)m
by ma2ma2 (2017-02-03 07:33) 

raomelon

お母様のご冥福をお祈りいたします。
お疲れが出ませんよう、ご自愛くださいね。
by raomelon (2017-02-03 11:45) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

ハマコウさん、hatumi30331さん、あるいるさん、tommy88さん、s
ma2ma2さん、raomelonさん

この度は亡き母へのお言葉まことにありがとうございました。
行年91歳、父より2ヶ月あまりの長生きで安らかに逝ったそうです。
担当医から覚悟はしておくようにとのことでしたが、元気を取り戻したと
姉から聞いていた矢先だったので残念でなりません。

遺骨は横浜へ持ち帰り現世では四十九日までの短い間ですが、本当に
久し振りに一つ屋根の下で一緒に暮らしています。

厄介な事に再び風邪がぶり返したようで、金曜夜から床に伏しており、
皆様へのお礼が遅れてしまいました。

立春が過ぎこれから寒暖の差がますます激しくなる季節、みなさまどうぞ
ご自愛ください。

by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2017-02-05 13:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0